【車中泊・商標登録問題】クロワークスすぐるさんの目的は「権利料」ではないと思う

 

【車中泊の商標登録問題】クロワークスすぐるさんは権利料目的ではないと思う

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

YouTubeにて「クロワークスすぐるさんは権利料目的ではないと思う」というタイトルの動画をアップしました(上記動画)

トークの内容をサクッと知りたい方は、この記事をお読みください。

★ ★ ★

さて、「車中泊」という言葉を商標登録しようとしていることが賛否両論読んでいるベンチャー企業・クロワークスのすぐる代表

すぐるさんは「車中泊」という言葉の権利料で儲けるためにそのようなことをしているのだ、と批判されることがあります。

しかし、私はそういう理由ではないと思っています。

なお、過去にもこの件に関して語りました(下記リンク)。

 

クロワークスすぐるさんが「車中泊」を商標登録しようとする理由とは?

【車中泊の商標登録問題】クロワークスすぐるさんは、魅力あるのにもったいないよなあ・・・

【車中泊の商標登録問題】クロワークスのすぐるさんの本当の狙いとは?

 

★ ★ ★

なお、すぐるさんは、「車中泊」を商標登録をしようと思っている理由はご自身のチャンネル(すぐラボ)などで語ってきています。

ただ、核心部分については語っていないと私は思っています。

あくまで、表面上の理由しか言っていないような気がします。

というのも、往々にして、人々は「深い話」は理解しないものなんですね・・・。

そう考えた場合、この商標登録の件に関しては、すぐるさんはまさに「当事者」です。

なので、深く深くこの件にかかわっているわけです。

で、その「深くかかわっている人」の「深い話」は、外野の人にはなかなか理解できないものです。

むしろ、「深い話」をしたがために、余計な反発が生まれてしまうことすらあります。

そういうことから、すぐるさんは「商標登録」をする理由の核心部分については説明しないのだ、と私は思っています。

★ ★ ★

ちなみに「商標登録問題」に関してはYouTuberであり社会活動家のにんにんさんは、すぐるさんに反対しています。

しかし、このお二人は、抽象度を下げた部分では対立していますけど、抽象度を上げると、協力しあえるのではないか、と私は思っています。

お二人とも、最終的には「多くの人の幸せ」を願って活動しているはずですからね。

今は対立していても、いずれわかりあえるときも来る、と、そんなことを願いながら私はこの問題を私なりに考察し、意見提示させていただいています。

 

ぜひ、参考にしていただけたら、と思います。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP