【不安神経症】小さな事を気にしすぎな人 早く治した方がいい理由

 

【不安神経症】小さな事を気にしすぎな人 早く治した方がいい理由

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

YouTubeのサブチャンネルにて「不安神経症-小さなことを気にしすぎな人」というタイトルの動画をアップしました。

上記は、その動画を添付したツイートです。

このブログでは、簡単にトークの内容を説明しますね。

★ ★ ★

さて、あなたは「小さなことを気にしてしまう」ことはありませんか?

もちろん、そういうことは誰にだってあることではありますが、中には、必要以上に気にしてしまう人もいます。

そういう場合は、もしかしたら「不安神経症」かもしれません。

「不安神経症」とは、小さなことが病的なまでに気になってしまう精神疾患です。

「小さなこと」はいろいろあります。たとえば、「電車が気になって乗れない」とか「時計の針の音が気になって眠れない」などです。

これは、本人にとってもつらいですが、まわりにとってもつらいことでもあります。

なぜなら、まわりと言い争いになることがあるからです。

★ ★ ★

というのも、不安神経症の人は、自分が抱える「小さな不安」を解消するために、まわりに強く当たってしまうことがあるからです。

たとえば、

  • 「時計の針の音がうるさい!」
  • 「みんなの話し声がうるさい!」
  • 「部屋がちゃんと整理されてない!」
  • 「掃除が行き届いていない!」

 

などです。このようなことが気になることは誰にだってあるのですが、「不安神経症」の人はそれが極端なのです。

でも、こういうことでまわりと言い争ってしまうのは、ムダですよね?

どうせ言い争うなら、「仕事をもっと円滑に進めるためにどうするか」とか「家計をもう少し効率的に組むにはどうするか」などの、生産的なことで言い争いたいものです。

でも、不安神経症の人から生じる言い争いは、たいてい、生産的ではないのです。

これは、本人にとってもまわりにとってもつらいことです。

なので、すぐにでも治しましょう。

治し方はいろいろありますが、下記ツイートでも触れた「暴露療法(エクスポージャー)」はおすすめです。

 

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP