ダイエットをアファメーションで成功させるコツ

天野カズです。本日のアウトプットです。

ダイエットは、多くの人が挑戦していることです。しかし、そのほとんどは成功しません。その理由は、単純明快。きついからです。でも、そんなきついことも、あるテクニックを使えば、少しだけ難易度を下げることができます。つまり、ダイエットの成功確率を高めることができるのです。今回は、その方法をご紹介します。

このブログは、集中力がテーマです。その集中力は、やる気があってはじめて発揮されます。ブログタイトルにある「やる気→集中力→偶然力」にも、その思いを込めています。

今回の記事は、集中力を発揮するのに重要な「やる気」がテーマとなっています。ダイエットを成功させるコツを、「やる気」にからめて書いていきますね

このブログの読者であるあなたは、「やる気、集中力」に興味があるのであって、ダイエットに興味があるわけではないかもしれません。でも、ダイエットは多くの人が興味があるお話ですし、なんといっても、今回のお話は「やる気、集中力」を発揮するために有効な内容となっていますので、ぜひお読みいただけたら、と思います。

 

ダイエットの難易度を下げるコツ

まず、結論から書きます。ダイエットの難易度を下げて、成功させるコツ。それは・・・

アファメーションを行うこと

です。アファメーションとは、肯定的なメッセージを繰り返し、聴いたりつぶやいたりすることで、自分の脳をいい方向に洗脳していくテクニックです。

(僕は、youtubeチャンネルでBGMなしのアファメーションを制作しています。もしよかったらご利用ください。こちら です)

たとえば、ダンスをうまくなりたい人がいたとします。その場合、「私は、ダンスがとてもうまい」と毎日、何度もつぶやいたり、そういうメッセージを聴いたりする、ということです。自分の脳に毎日、メッセージがインプットされることで、自分はダンスがうまい人間だという意識がうまれるのです。

「自分はダンスがうまい」という意識に変わっていても、実際にはうまくはないのですが、意識の方に行動が引っ張られるのです。つまり、「ダンスがうまい自分でいなければならない」という心理が自然に生まれてきて、練習をするようになります。

さらに、ダンスのことを常に意識するので、ダンスの情報がどんどん頭に入ってきます。そして、最終的には、本当にダンスがうまくなっているのです。これが、アファメーションというテクニックです。

で、このアファメーションは、ダイエットを成功させるのにも有効です。この記事では、あなたは、ダイエットをしたいと思っているという想定で書き進めていきますね。

 

キジトラ猫

 

まず、あなたは「もう、僕は、やせている」というアファメーションのメッセージを唱えましょう。もし、それに抵抗があるなら、「食事制限なんて、余裕、余裕。問題ないよ」というメッセージでもいいです。いずれにしても、「ダイエットに有効なメッセージ」を、唱えていくのです。もちろん、そのようなアファメーションの音源を聴いてもいいです。

そうやって、アファメーションをすると、潜在意識の中にそのメッセージがインプットされます

もちろん・・・

ただ唱えただけで痩せるわけではありません。食事制限や運動をしなければなりません。こう聞くと、「なんだ、結局、アファメーションって意味ないじゃん」と思われるかもしれません。

しかし、それは違います。アファメーションをしておくことによって、食事制限や運動がすんなりとできるのです。少なくとも、アファメーションをしているのとしていないのとでは、きつさが全然、違ってきます。アファメーションをしていた方が、「きついレベル」が低いのです。

ダイエットをきつく感じないから、食事制限などが順調に進んでいき、最終的に、やせるのです

 

僕がチョコレート依存症から脱却した話

ここで、僕の例を書いてみます。僕は、高校時代、柔道部に入っていました。柔道は、体重別に分けられているので、大会前に減量をします。僕自身は、特に太っている体形ではなく、むしろやせている方です。

しかし、だからこそ、減量はきついものでした。ただでさえ、やせている体形を、さらに絞るのですから。

でも、そんなときに、先輩から教わったのが、「唱えていれば目標が叶う」という考えです。今思えば、まさに「アファメーション」そのものですね。僕は、その方法を使って、各大会前に減量を行っていました。

で、この経験が、のちに生きることになります

僕は20歳くらいから、38歳まで、極度のチョコレート依存症に悩んでいました。特に、30代中盤からは、板チョコを毎食後、必ず2枚以上、食べていました。とはいえ、特に太るということがありませんでした。

しかし、そういうことがかえって、「いくらチョコレートを食べても問題ない」と思う原因になっていました。でも、チョコレートを食べる量がだんだん増え、ひどいときには板チョコを一日15枚食べるということもしょっちゅうありました。ここまでくると、さすがに「やばい」と思い始めました。

 

 

 

そこで、チョコレートをやめようと決心したのですが、何度も失敗しました。まさに依存症で、一日でも食べないとイライラするのです。禁断症状ですね。

そこで取り入れたのが、高校時代に減量に成功したときの、「唱えていれば目標が叶う」という方法です。つまり、アファメーションです

僕は、「チョコレートなんて大嫌いだ」というメッセージをICレコーダーに吹き込んで。それを毎日聴きました。掃除しながら、買い物しながら、という感じで、ヒマがあればずっと聴いたのです。

もちろん、それですぐにチョコレートをやめられたわけではありません。しかし、この効果が、一年後に出ました。

一年後、「今度こそ、チョコレート依存症から脱却しよう」と決心し、そのために行動を起こしました。具体的には、「チョコを買うまでは自分の中で許すが、家に帰ったら一枚だけ食べて後は即刻捨てる」とか、「体調が悪いときを絶好の機会として、その期間だけはチョコレートを断つ」などの方法です。

すると、すんなりとやめることができたのです。これは、あらかじめ、アファメーションで「チョコレートが嫌いだ」と僕の潜在意識の中にインプットしていたからです。もし、それがなかったら、すんなりとやめることはできなかったでしょう。

このように、僕は、柔道大会の減量にも、チョコレート依存症からの脱却にも、アファメーションで成功しました。両方とも、ダイエットと関連することです。

もし、今、あなたがダイエットをしたい、と思っているのであれば、アファメーションはぜひ、取り入れてみてください。そうすれば、いざ、本格的にダイエットをしたいと思ったときに、ダイエットの難易度が全然違ってきます。簡単にダイエットを成功させることができるのです。

 

まとめ

どうでしたか?今回は、ダイエットの話ということで記事にしましたが、大きなくくりとしては、「やる気」に関する話題です。ダイエットに成功する秘訣は、やる気です。そのやる気を引き出すのが、「アファメーション」というわけです。

今回のお話を、ダイエット以外のことに当てはめて考えてみてください。必ず、あなたの夢の実現に、有効に使えるお話ですよ

以上、天野カズからの、あなたへのアウトプットでした。頑張っていきましょう!

 

あ、以下のyoutube動画もあわせてどうぞ。僕の体験談を語ってます(;^_^A

 

【チョコ中毒】僕がチョコレート依存症からどうやって脱却・克服したか 【体験談】