【生きる知恵】議論を学ぶことで、不幸になってしまう人がいる【YouTube連動記事】

【人間関係】議論や論破術を学ぶことで不幸になる人がいる

 

 

語り系YouTuber、天野のメモです。今回のテーマは「議論を学ぶことで不幸になる人がいる」です。

今は、インターネット上で簡単にいろいろな人と会話ができます。時には言い争いにもなります。で、そういうことから「相手を論破したい」という欲求が多くの人の中に生まれています。なので、「論破の仕方」を学ぶ人が多くいるんですね。

ただ、ここで注意しなきゃいけないのは、「議論を学ぶことで、かえって不幸になってしまう人がいる」ということです。なので、いったい何のために議論を学ぶのか、そこを間違えないことが重要になってきます。

 

多くの人がやっているのは、議論ではなく「ケンカ」

 

本来、議論は「より良い結論を導き出すため」に学ぶものですよね。でも、多くの人がやっているのは「議論」じゃなくて「ケンカ」です。

で、これは当たり前に考えたらわかるんですけど、ケンカをしたら不幸になるじゃないですか。実際、リアルのケンカだったらケガしますからね。でも、それはたとえ「議論(実際はケンカ)」であったとしても、心のエネルギーをかなり消費します。

当然、時間も消費します。だからそういう「議論(実際はケンカ)」には何もメリットがないんですね。むしろ疲れるだけです。なので、そのような”議論”を学べば学ぶほど不幸になっちゃうんです。

もちろん、学んでいる本人は「議論を学んでいる」と思い込んでます。でも、実際はケンカを学んでるのです。まあケンカといっても、ボクシングや空手のように、ルールがある中でケンカをするんだったら、スポーツとして楽しめるんですけど・・・

でも、たいていのネット上の「議論」はルールがない中でやってますよね。だからスポーツの一種とはとても言えないし、本当にただ疲れるだけなんですね。

 

いっそ、「議論」ではなく「ケンカ」と割り切ってしまった方がいい

 

なので、下手に「議論を学んでいる」と考えるよりは、「ケンカを学んでいる」と考えてしまった方がいいでしょう。なぜなら・・・「議論」って言葉を聞くと何か「良いこと」のように思えてしまうじゃないですか。まるで「学問に取り組んでいる」かのようなマインドになってしまいます。

でも、実際はケンカを学んでるわけです。だからこそもう割り切ってしまって「自分はケンカを学んでるんだ」と思ってしまった方がいいのです。だって、「ケンカ」と考えると単に「自分がマウント取りたいだけ」と割り切ることができますよね?

でも、「議論」ととらえてしまうと「自分は、他の人よりも高尚なことを学んでいるんだ」という歪んだプライドが育ってきてしまいます。それって、まわりの人から見てカッコ悪いですよね。だからリスペクトされません。リスペクトされないので、本人は不幸に陥ってしまいます。

しかし、そういう歪んだプライドのない、単純な「ケンカ」だったら、やっている本人も「高尚なこと」とは思わず、ケンカと割り切ることができるので、まわりから見たイメージとの意識のギャップがありません。

そのため、たとえリスペクトされなくても、たいして本人は傷つきません。なので、あくまで「議論」ではなく「ケンカ」と割り切ってしまいましょう。

 

ケンカが嫌なら、「本物の議論」を学びましょう

 

もしそれが嫌だったら・・・本当の意味での「議論」を学びましょう。

それは決して「ケンカ」ではありません。議論する相手の立場も考えながら、より高い結論を導き出すためのものです。少なくとも、自分を不幸に貶める「議論という名を借りたケンカ」を学ぶのは、やめましょう。

 

以上、天野でした。いつも私のYouTubeトークを聴いていただき、そしてこのブログに訪れていただき、本当にありがとうございます!