【心理学講座】GOING UNDER GROUND「STAND BY ME」の歌詞の一部から学ぶ【リフレーミング】

 

歌詞から学ぶ心理学のシリーズです。

今回は、GOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)の名曲「STAND BY ME」の中から、

 

「昨日の悲しみを祈りに変える 痛みだって歌になる」

引用元 : GOING UNDER GROUND「STAND BY ME」/ 作詞 : 松本素生

 

という部分を取り上げます。

 

★ ★ ★

 

この曲は、多くの社会人が共通で抱える悩みを歌っています。
学生の頃は、それぞれの理想を描いていた。だけど、社会人になると、理想が現実に押しつぶされてしまう。

現実と理想に挟まれて、ダメになってしまいそうな自分を感じる。
おそらくあなたも、そんなことを感じたことはあるのではないでしょうか。

 

★ ★ ★

 

でも、実はこういう悩みは心理的なテクニックで解消できます。

それは、「リフレーミング」です。

リフレーミングとは、「物事の解釈の仕方を変えて、気分を変える」テクニックです。たとえば、あなたが仕事でミスをしてしまい、落ち込んだとします。そんなときに、この「リフレーミング」を使って解釈を変えるのです。

「これは単なるミスではない。自分を成長させてくれるための貴重な体験なんだ」

と。たったこれだけのことで、心の中がフッと軽くなります。で、前向きな気持ちになることができるんですね。

 

★ ★ ★

 

そういう視点からGOING UNDER GROUNDの「STAND BY ME」の、歌詞の一部を見てみましょう。

 

「昨日の悲しみを祈りに変える 痛みだって歌になる」

引用元 : GOING UNDER GROUND「STAND BY ME」/ 作詞 : 松本素生

 

どうでしょうか?見事にリフレーミングしていますよね?

昨日、何か悲しいことがあった。でも、それを祈りに変えることによって生きるパワーにする。心に痛みを抱えてしまった。でも、それを歌にすることによって、自分の人生に意味のあるものにしていく。

 

★ ★ ★

 

もし仕事でミスをして辛いというのなら、それだけを取ってみて見れば、何の意味もない出来事です。それどころか、自分の心をマイナスの方向へ進めるものでしかありません。

しかし、リフレーミングをすることによって、未来へとつながる、意味のある出来事だと認識することができたら、元気が出ますよね。

あなたは、あなたの物語を生きています。ハッピーエンドへと進む物語です。リフレーミングすることによって、辛い出来事も、ハッピーエンドへの布石であると認識することができるのです。

 

あなたの未来のために。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP