反・清水有高の人たちの気持ちになって考えてみた

天野です。清水有高氏がおこしたパワハラ疑惑がネット上を騒がせている問題について、いくつか記事を書かせていただいています。

僕のスタンスは、「清水有高氏はパワハラ事案では批判されるべき。しかし、その他では批判されるべきではない」です。

 

清水有高氏が個人ブロガーを名誉棄損で訴えようとしている

 

さて、そんな清水有高氏は、ある個人ブロガーを名誉棄損で訴えようとしています。で、それについても清水氏は叩かれています。「恫喝裁判だ」「スラップ訴訟だ」ということですね。

しかし、僕が公平に見る限りでは、その個人ブロガーは「批判」を通り越して誹謗中傷を行っていたので、「これは訴えられても仕方ない」と思いました。それはこちらの記事でも書きました。

 

「普通の感覚」を取っ払って、「反・清水」の気持ちになって考えてみた

 

「普通の感覚」で考えれば、その個人ブロガーが訴えられるのは、何もおかしくありません。しかし、「反・清水」の人たちにはそうは思えないようです。

なぜ、清水氏がやることは全て「悪」に見えるのか、僕にはわかりませんでした。しかし、なんとかその気持ちを理解しようと、「反・清水」の人の気持ちになって考えてみました。

僕は、以前から書いていますが、清水有高氏には全く思い入れはありません。YouTubeで大人気だったようですが、僕はほとんど知りませんでした。

「反・清水」の人の多くは、もともとは清水有高氏のYouTubeチャンネルを熱心に見ていた人たちです。たとえていえば、好きなバンドのアルバムを全て聴き、ライブアルバムや雑誌インタビューなど、ほとんどに目を通しているファンのようです。

さすがに、僕はそのような熱心な人たちと同じ感覚ではありません。清水氏の膨大なYouTube動画を全てチェックすることもできません。なので、僕なりにですが、できる範囲で清水氏の動画を見つつ、また、パワハラ報道もあわせたうえで、「反・清水」の人たちの気持ちになって考えてみました。

すると、いろいろと見えてきたことがあります。

 

反・清水の人たちにとって、清水有高という人物は、「怖い」存在

 

反・清水の人たちにとって、清水有高氏は、おそらく「怖い」存在なんだろうと思います。ここでは「怖い」ということで言葉を濁しましたが、もっと強烈な、普通の人間とは違う人物に見えるのだろう、と思います。

現に、清水有高氏のことをほとんど知らない僕でさえ、清水有高氏は個性の強い人物だということはよくわかります。しかし、「反・清水」の人たちにとっては、僕が思っている「個性の強い」の100倍くらいの感覚で見ているでしょう。

独裁的であり、何をするかわからない、という感じでしょうか。時代が間違えば、歴史に名を残すような、それほど珍しい人物と見ているのだろう、と思います。独裁国のトップのような感じですね。

「反・清水」の人たちにとっては、そんな人物が今、この時代にいるということ自体が、「危険」なのです。だからこそ、社会から葬り去ろうとしているのだろうと思います。

僕は以前から書いているとおり、清水氏は「パワハラ問題については批判されるべきだが、それ以外はノータッチでいるべき」というスタンスです。しかし、そのようなスタンスだと、清水有高氏は「復活」をしてしまいます。

それは、「反・清水」の人たちにとっては、あってはならないことなのです。完全に社会から消えてもらいたい、できれば、収監されて社会から隔離してほしい、と思っているのです。

だからこそ、僕が以前の記事で主張した「清水有高氏が個人ブロガーを訴えるのは、何もおかしくない」という、きわめて「普通の意見」は、とうてい受け入れられないのです。

 

 

次元の違う話

 

 

 

僕が以前から主張している「普通の感覚」とは、すでに次元が違う話になっている

 

というか、もはやそのような次元の話ではないのです。

たとえば、過去に「稀代の大悪人」がいましたよね?ここでは名前は書けませんので、あなたなりに想像してください。たとえば、90年代に日本を揺るがす大きな事件を起こした人物とか。

もし、その「稀代の大悪人」が、自分を誹謗中傷した個人ブロガーを訴えたとしたらどうでしょうか?おそらく多くの人が「訴えるなんてひどい」と感じるはずです。

もちろん、「普通の感覚」で言えば、たとえ個人ブロガーといえども、誹謗中傷をしたら訴えられてもおかしくはありません。

しかし、こと「稀代の大悪人」であった場合は話は別です。というのも、そういう「稀代の大悪人」にはあらゆる権利を与えてはいけないと多くの人が思っているからです。なぜなら、権利を与えてしまったことによってその人物が復活をとげることは、社会にとって害悪でしかないからです。

おそらく、「反・清水」の人たちにとって、清水有高氏は、そこまで恐れられている人物、ということなのでしょう。

 

清水有高氏は、「車間距離をとって威圧的な運転をしている車」に例えられる

 

しかし、清水有高氏を「稀代の大悪人」と呼ぶには、根拠がなさすぎるのも事実です。「反・清水」の人たちは、清水有高氏の全体的な印象から「悪人」と思っているにすぎません。

たとえていえば、車間距離をとって威圧的な運転をしている車」です。

つまり、改造車で、エンジン音をバリバリ言わせて走っている車です。こういう車は、「怖い」という印象を与えますよね。

 

改造車だけど、車間距離をとっている

 

 

あなたが、「車間距離はとっているものの、威圧的な運転をしている車」に出会ったら・・・

 

実際、もし、あなたの後ろにそういう車が走っていたとして、しかも執拗に追いかけまわされたとしたらどう感じるでしょうか?

おそらくあなたは、「煽られている」と感じるでしょう。そして、気持ちがあせってハンドル操作をあやまり、単独事故を起こしてしまうかもしれません。

そんな場合は当然、あなたとしては、「煽られた結果、単独事故を起こしてしまったんだ」と感じます。

しかし、警察が調べてみると、実はその車は悪いイメージとはうらはらに、しっかりと車間距離をとっていた、としましょう。しかも、「執拗に追いかけまわした」のではなく、たまたま目的地が同じだけだった、と。

 

清水有高氏は、状況的には怪しいが・・・

 

・・・で、清水有高氏は、まさにそんなイメージなのです。状況としては真っ黒ではあるが、証拠がないのです。パワハラもそうですし、ビジネス手法もそうです。

――「怪しいけど、断罪するには決定打がない」そこが、清水有高氏にまつわる問題の悩ましい部分です。

とはいえ、「反・清水」の人の気持ちになって考えてみれば、「絶対に、意図的に煽っていたはずだ」と思うことでしょう。それはもはや理屈ではなく、清水有高という人物を知れば知るほどに、「意図的ではない」などという言い訳は信じられない思いになるのだと思います。

 

清水有高氏の批判サイトを作ってみてはどうだろうか

 

そんな僕からの提案ですが、清水有高氏の批判サイトを作ってみてはどうでしょうか?

今、清水氏が訴えているブロガーさんの記事は、僕が見る限りでは、「そのブロガーさん個人の印象」を書いたものにすぎません。ただ、それが強い言葉と堅い文体で表現されているため、読んだ人は思わず納得してしまうのだと思います。

その強い言葉と文体を取り去って「内容」だけ取り出してみると、客観性がなく、やはり「ブロガーさん個人の印象」だけが残ります。

たとえば清水氏が自分のことを「清水さん」と呼んでいることなどを「洗脳」の根拠としていますが、別にそれはおかしなことではありません。芸能人などではよくある話です。たとえばデーモン小暮は自分を「閣下」と呼ばせていますが、彼を指して「洗脳している」という人はいませんよね。

他には、「清水氏は批判を許さない」ことを危険だと指摘していますが、冷静になって考えてみてください。頑固ラーメン屋などでよく行われることですよ。普通のYouTuberでも、コメント欄を閉じている人はたくさんいます。しかし、彼らを指して、「危険」と言う人はいません。

他には、YouTube動画は無料だが、バックエンド商品として高額セミナー等が用意されていることが問題だ、とのことですが、これは極めて「普通のビジネス手法」です。化粧品でも無料サンプルを配って後に高額なものを売る、などのことはそこら中で行われてます。

まあ、額が高額なのでそこは問題だと僕も思います。が、それはあくまで「クレームがたくさんある場合」に限ります。問題のあるセミナーの場合、必ずクレームが多発します。ツイッターあたりで「集団訴訟を起こそう」という話が盛り上がります。

で、僕の知る限りでは、清水氏の商品にはそういった話は出ていません。

・・・と、以上、列挙しただけでも、そのブロガーさんの清水氏批判記事は客観性が薄いです。もちろん、清水有高氏をよく知っている人なら、そのブロガーさんの記事を読めば心が動かされ、「清水氏はひどい」と感じるでしょう。

でも、僕のような、清水有高氏のことをほとんど知らない人が読むと、いまいちピンと来ないのです。

 

だからこそ・・・

 

だからこそ、新たな「清水有高氏の批判サイト」を作ってみてはどうか、と僕は提案するのです。そこで、客観的な根拠に基づく内容を並べてほしいのです。決して、そのブロガーさんの記事のように、感情的であったり、憶測にすぎない内容ではなく、あくまで客観的な内容です。

そうすれば、誰でも清水有高氏の危険性がわかります。そうなれば、清水氏が個人ブロガーを相手に裁判を起こすことを、誰もが「ひどい」と感じることができます。

そして、最終的には、清水氏を社会から抹殺することも、「おかしくない」と感じることもできます。

ただ、今の状況だと、清水有高氏は、

「パワハラ問題はおこしているし、いろいろ怪しい部分もあるけど、全てを”悪”と見るには決定打がない」

そういうイメージにとどまります。

 

まとめ

 

今回の記事のまとめです。

「反・清水」の人の気持ちになって考えてみれば、「清水氏を社会から取り去るべき」という感覚は、なんとなくわかります。僕が以前から書いている「普通の感覚」という次元の話ではないのも理解できます。

しかしあくまでそれは感覚的に理解できるだけにとどまります。客観的な視点に立つと理解できません。なので、客観的に根拠をまとめられたサイトを作るべきだと思います。

これは、僕のような「清水有高氏をほどんど知らない人」に向けてだけでなく、清水氏にまつわるいくつかの裁判においても、清水氏に勝つために必要な資料にするためでもあります。