【会話術】話の腰を折る人と折られる人の問題点【話をさえぎる】

 

【会話術】話の腰を折る人と折られる人の問題点【話をさえぎる】

 

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

話の腰を折る人っていますよね。
こっちが一生懸命話をしているのに、突然、関係ない話を挟み込んでしまう人。

どうでしょうか?もしかして、あなたはそういう人になってしまっていませんか?

もしそうだとしたら、「話の腰を折ることは相手にすごく不快な思いをさせる」ということを認識しましょう。

話の腰を折る人は、このことを軽く考えているふしがあります。

★ ★ ★

人間は誰しも、自己表現したいと思っているものです。

で、「話をしている」ときは、まさにその「自己表現」をしているときです。

「話の腰を折る」ということは、それを台無しにしてしまうということです。

極端なことを言えば、「絵を書いている最中に、それを破られるようなもの」です。

いかに失礼な行為かがわかるでしょう。

★ ★ ★

とはいえ、「話の腰を折られる人」にも問題はあります。

それは、「話が長い」とか「話がつまらない」という問題ですね。

そういう場合は、「話の腰を折る人」は失礼だとわかってやっています。

話を強制終了させたい、などの意図があるわけですね。

なので、話をしている方も、果たして自分の話が長くなっていないか、つまらなくなっていないか、話をしながら自分で確認し、調整していく必要があります。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。

あなたの未来のために。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP