話が通じない人と通じるようにする方法

 

【人間関係】話が通じない人と通じるようにする方法

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

今回のテーマは「話が通じない人と通じるようにする方法」です。

私は普段から「話が通じない人とは話をしない方が良い」という考えを述べています。しかし、それでも話をしなければならないというケースもあることと思います。

そういう時にどうすれば「話が通じない相手」と話が噛み合うようになるのか。そういうことを 上記YouTube動画で語りました。このブログではその内容を簡単に説明していきます。

★ ★ ★

さて、結論から言いますと「視点(抽象度)を合わせる」ということです。

ここでいう「視点(抽象度)」とは、たいていが「上か下か」の違いです。つまり、視点が高いか、それとも低いかということですね。

たとえば、AさんとBさんという人がいたとしましょう。

で、Aさんは「人は痩せた方が良い」という考えを持っていたとします。それに対してBさんは、「人は魅力的であったほうが良い」という考えを持っていたとします。

この二人は「視点(抽象度)」が全く違うわけですね。この場合だと、「Aさんの方が視点が低くて、Bさんの方が視点が高い」という状態です。

これはどういうことかというと、Aさんは「人は痩せれば全てOKなんだ」という考えを持っているわけなんですね。痩せることができたらモテるし、面接にも受かる、と。

言ってみたら、それが「答え」なわけですね。つまりAさんは「答えを求める思考」なわけです。

それに対してBさんは「人は魅力的であったほうが良い」という考えですよね。これは非常に抽象的です。なので「答え」ではないわけですよ。

「魅力的」であるためにはどうすればいいか。そのためには、色々な概念が考えられますよね。

痩せれば良くなる人もいるかもしれないし、人によっては太った方が良い場合もあります。また「痩せる or 太る」こととは関係なく、「勉強する」とか「筋肉をつける」などのような別の考え方も生まれてきますよね。

なのでAさんの主張は「答え」ではないわけです。

★ ★ ★

で、こういう視点が違った者同士が話をした場合に、なぜ話がかみ合わないかというと・・・

たとえばBさんは、ある時は「痩せた方がいいよ」という意見を言ったかと思えば、またある時は「太った方がいいよ」という意見を言うこともあります。

でも、こういう意見を聞くと、視点の低いAさんからは、「Bさんはこないだ言ったことと話が違う。矛盾してる」という風に感じてしまうわけです。

だけどBさんの中では全然矛盾してないんですね。「人は魅力的であったほうが良い」という考えを実現するために、ある人には「痩せた方がいい」と言うし、またある人には「もうちょっと太った方がいいよ」と言うわけです。

だけど視点の低いAさんにはそれが理解できないわけです。

だからこそ、AさんとBさんは話が噛み合わないのです。なので相手と「話が通じないな」と感じた場合は、「相手の視点に合わせる」ということが必要です。

自分の方が「視点が低い」と思ったら、ちょっと上に上げてみるという意識が必要です。逆に自分の方が「視点が高い」と感じた場合は、視点を低くして相手に話を合わせていく必要があります。

 

今回の話、ぜひ参考にしていただけたらと思います。 

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP