仕事が遅くて悩んでいる人へ「速く走るより、早く始めよう」

街並み
速く走るより早く始めよう【アファメーション】

 

天野カズです。今回は、音声メッセージシリーズの記事となります。

 

速く走るより、早く始めよう

 

今回のメッセージは、

――「速く走るより、早く始めよう」

です。

上のYouTube動画は、このメッセージを唱えた音声です。右脳に効くように工夫して録音してありますので、ぜひご利用ください。

 

あなたは、仕事が速い方ですか?遅い方ですか?

 

さて、あなたは、仕事が速い方ですか?それとも遅い方ですか?

もし「遅い」という場合は、あなたの動きが遅いからではありません。それは、あなたの決断が遅いからなのです。

事実、仕事が速い人を見ると、そんなに「せかせかと」動いていませんよね?むしろ、仕事が遅い人の方が、汗をかきながら一生懸命、スピードをあげようとして動いています。

 

仕事が速い人は、早く決断している

 

ではなぜ、仕事が速い人は、「急いでいるように見えない」のでしょうか?

それは、「速く決断しているから」です。

「決断」といっても、いろいろとあります。大きな決断もあれば、小さな決断もあります。どんな「決断」であっても、早く下した方が、物事はスムーズに進みます。

ただ、さすがに「大きな決断」は、スパッと高速で下すのは難しいことです。たとえば、大きなお金を動かすときなどですね。でも、「小さな決断」なら、すぐにでき処理できるものです。たとえば、レストランでメニューを選ぶようなことです。

しかし、「仕事が遅い人」は、こういう「小さな決断」さえも、早く処理することができないのです。もしあなたが、「仕事が遅い人」なら、普段、「小さな決断」をスパッと処理することができていますか?ちょっと思いだしてみてください。

ここで考えてみてください。たとえ「小さな決断」といえども、「決断」には変わりはないのです。物事というものは、「決断」をしたときに初めて動きます。

 

買い物をするのも、決断の連続

 

たとえば買い物をするときにも、まずどの店に入るか「決断」するからこそ、店内に入ることができます。で、買い物が始まるわけですよね。入る店を決めなかったら、いつまで経っても買い物は終わりません。

これは仕事でも同じことです。日々の仕事は、小さな「決断」の連続です。「仕事が速い人」は、その小さな決断を、スパッ、スパッと次々に下していくからこそ、最終的に速く終わるんですね。

なので、決して、「動きの速さ」が関係しているわけではないのです。

 

今回のメッセージ「速く走るより、早く始めよう」の意味とは?

 

さて、ここで今回のメッセージの意味です。

――「速く走るより、早く始めよう」

これは、日々の仕事をするうえで次々としなければならない「決断」を高速でこなして、次の動きに進んでいこう、という意味でとらえてください。

たとえば、「電話を取るか、取らないか」「検索をするか、しないか」「同僚にヘルプを頼むか、頼まないか」といったことです。これらは全部、「小さな決断」です。

決して、「大きな決断」ではありません。なので、迷う必要は全くありません。たとえ決断が間違っていたとしても、いくらでも修正が効きますからね。どんどん決断を下していって、次の動きへと進んでいきましょう。

そうすれば、一生懸命「速く動く」ことなく、仕事をさっと早く終わらせることができますよ。

以上、天野カズからの、あなたへのメッセージでした。頑張っていきましょう!