【ネットリテラシーの話】批判しても相手は変わらない。批判をするなら頭を使って工夫しよう

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

今回のテーマは「批判しても相手は変わらない。批判をするなら頭を使って工夫しよう」です。

SNSが大盛況の中、ネットを見れば批判の言葉でいっぱいですよね。でも、そのほとんどは効果がありません。むしろ、批判したことによって争いを生むだけの結果に終わっています。

相手に良くなってほしいから批判をしたはずなのに、むしろ反抗される。つまり、状況は良くなるどころか、むしろ悪くなっている。

これではいったい、何のために批判をしているのか、わからないですよね。

★ ★ ★

なので、もしあなたが誰かに「変わってほしい」と願うなら、「批判」という方法を取るべきではありません。では、どうするか。

やり方は二つあります。

ひとつは、「気づきの種」を与えることです。

たとえば、強く批判するのではなく、「意見提示」という形にしてみる。これなら、相手は聞く耳を持ってくれる可能性があります。

もちろん、「意見提示」は「批判」と違って、言葉の強度は弱いです。なので、相手をその場で変えることはほぼ、できません。

しかし、少なくとも「意見を聞く」ことはしてくれるのですから、相手の脳にあなたの意見がインプットされることになります。で、それが、後々効いてくることがあるんです。

つまり、相手が「何かのきっかけ」であなたの言葉を思い出し、「気づく」わけですね。なので、「意見提示」という形は、「気づきの種」を与えるという意味で、とても有効な手段と言えます。

★ ★ ★

そしてもうひとつの方法。

それは、「相手に好きになってもらってから、批判する」です。

人は、自分が好きだと思っている相手の意見なら、批判の意見であっても受け止めるものです。たとえば、大好きな彼女が、あなたの服装にダメ出ししてきたらどう思いますか?

この場合、彼女に「反抗心」なんて感じませんよね。むしろ、彼女の意見を真剣に受け止めることができるはずです。もちろん、「大好きな彼女」というレベルにまで、好きになってもらうことは難しいですが、「ある程度、好きになってもらう」ことはできます。

たとえば、批判したい相手がブロガーだった場合。

まずは、そのブロガーを誉めるコメントをたくさん、入れるのです。そうすれば、そのブロガーはあなたに好印象を持ってくれますよね。

で、そうやって「信頼」を獲得した後で、批判を小出しでしてみたらどうでしょうか。おそらく、そのブロガーは、あなたの意見をある程度は聞いてくれるはずです。

★ ★ ★

しかし、ネット上で行われる「批判」を見ていると、見ず知らずの相手に対して、何の信頼も獲得していないうちから、いきなり批判していますよね?

これでは、相手に反抗されて当たり前です。相手に良くなってほしいから批判したのに、反抗されて、むしろ状況が悪化するのだったら、批判なんてしない方がマシです。

★ ★ ★

人間は、機械ではありません。機械だったら、部品を変えれば直ります。

でも、人間は、部品を変えようと無理して相手の心をこじ開けようとしても、反抗されてしまうのです。批判する相手は、あくまで人間。

そのことをわかったうえで、直球で批判するのではなく、工夫してみましょう。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。以上です。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP