YouTubeの評価欄を閉じるメリット【私がYouTubeの評価欄を閉じた理由】

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

私は最近、YouTubeの評価欄を閉じました。それは以下のメリットがあるからです。

 

①リスナーさんが、評価欄に影響されることがなくなる
②説明欄とコメント欄を見てもらえる

 

です。ひとつひとつ説明しますね。

 

メリット①「リスナーさんが、評価欄に影響されることがなくなる」

 

リスナーさんは、評価欄を見て、その動画を判断してしまうことがあります。ならば、いっそ閉じてしまった方が、動画を純粋にジャッジしてもらえます。

ちなみに私は共感系のYouTuberではありません。世論の空気を読まないトークが非常に多いです。なので、低評価もつきやすいです。

当然、低評価は気持ちがいいものではありません。ただ、今までは低評価もそのまま受けていました。なぜなら低評価にもある程度のメリットがあったからです。

というのも、たとえ低評価であろうとも、「評価を押してもらえた」動画は再生数が伸びる傾向があるのです。

それはアナリティクスを見れば一目瞭然でした。なので、たとえ低評価が多くとも、私は評価欄を開放していました。

★ ★ ★

ただし、最近は、N国界隈のYouTuberの人気は「N平党」さんや「ゆうじ日常放送局モノ申す部」さんに集まってきています。

以前は、私は「彼らに負けたくない」という気持ちがあったので、低評価は甘んじて受け、再生数を上げようと思っていましたが、今は、私は彼らと張り合うつもりはありません。

なので、もはや評価欄を開けておくメリットが消えてしまったのです。

むしろ今は、「リスナーさんが評価欄に影響を受けてしまうデメリット」だけが残っている状態です。なので、評価欄を閉じることにしました。

メリット②「説明欄とコメント欄を見てもらえる」

 

リスナーさんは、その動画の価値を判断するために、まず、評価欄を見ます。しかし、もし評価欄が閉じられていた場合は、リスナーさんの視線は説明欄かコメント欄の方に行きます。

で、これは私にとってはありがたいのです。

私は、連絡事項を説明欄やコメント欄に書くことが多いので、そこを見てもらいたいという思いがありますからね。

それもあって、評価欄を閉じたというわけです。

★ ★ ★

ただ、評価欄に関しては、各YouTuberさんごとで、意見が分かれます。

あくまで、私の一意見として参考にしていただけたら、と思います。

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP