【意見提示系YouTubeのやり方】 誤解されることを覚悟する

【意見提示系YouTubeのやり方】 誤解されることを覚悟する

 

天野です。

YouTubeにて【意見提示系YouTubeのやり方】 誤解されることを覚悟するというタイトルでトークしました。ここでは、その概要を書きますね。

 

私は、意見提示系YouTuberです。(物申す系との違いとは)

 

私のYouTubeスタイルは、「意見提示系」です。これは、物申す系とは違います。物申す系は、よりひとさんやシバターさんのように、エンターテイメントとして物申していくスタイルです。

しかし、「意見提示系」はエンターテイメントではありません。あくまで、自分の意見をそのまま語っていくスタイルです。

 

共感系、アンチ系じゃないから、理解されにくい

 

意見提示系は、共感系やアンチ系とは違います。共感系のチャンネルは、共感される意見をひたすら語りますよね?一方、アンチ系のチャンネルは、アンチとしての意見ばかり言っていきますよね?

でも、意見提示系はそういう、立場がはっきりしたものではありません。あくまで、「自分の頭の中にある考え」という、ぼやっとしたことを話すわけですから、なかなか理解されません。

しかし、それは気にすることはないのです。なぜなら・・・

 

プロ中のプロが書いた入試現代文の文章ですら、多くの人が正解できない

 

入試現代文は、プロ中のプロが書いた文章ですよね?でも、ほとんどの人が正解できません。ならば、なおさら、文章のブロというわけではないYouTuberやブロガーの配信も、誤解されて伝わりやすいのです。

なので、「誤解されることを覚悟する」というぐらいの気持ちで配信するぐらいがちょうどいいのです。

今回のお話を、ぜひ参考にしてみてください。私のYouTubeトークでは、もう少し詳しくお話しています。

以上、天野でした。