いも煮チャンネルさんに嫉妬している◆共感力の高さ

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

最近、いも煮チャンネルさんの動画をよく見ます。

一言で言うと、私はいも煮チャンネルさんに嫉妬しています。どこの部分に嫉妬しているか、というと、「共感力」です。

いも煮チャンネルさんは、私とは正反対の感覚の持ち主です。

いも煮チャンネルさんの動画を見ていると、ことごとく私と反対の見方をしているので、本当に不思議な気持ちになります。

 

その「感覚」は説明が難しいのですが・・・たとえば、「日本」という国の広さに関して。「日本は広い」という見方と「日本は狭い」という見方。2つありますよね?

(ちなみにこれは、あくまでたとえ話であって、実際にいも煮チャンネルさんが話題として出しているわけではありません)

これは、個人の感覚によって違ってきます。もちろん、どっちが正しい、というのはありません。あくまで見え方の問題です。ただ、どっちが多数派か、というのは確実にあります。

で、まさにいも煮チャンネルさんは、「多数派」の見方をしています。そこが私にとっては、とてもうらやましく感じる部分なのです。

 

★ ★ ★

 

たとえば平塚正幸さんに関して。

今、世間の多数派は、「アンチ平塚正幸」です。しかし、私は、平塚さんの気持ちがある程度理解できてしまいます。

私の立場は、平塚さんの「行動」は支持しないが、「気持ち」は支持する、というスタンスです。平塚さんは日本になんらかの「違和感」を感じているのでしょう。そこは理解できる、ということですね。

 

★ ★ ★

 

ただ、いも煮チャンネルさんは、平塚さんの感じる「違和感」すら全く感じていないのでしょう。つまり平塚さんの「行動」はもちろん、「気持ち」までもが理解できない、というスタンスなのだと思います。

で、これこそが、世間の多数派の意見なのです。

いも煮チャンネルさんは、多数派の意見にすんなりと入ることができる。それはまさに「共感力が高い」からだと私は思っています。

ただ、こういうことは「長いものに巻かれる」ということでもあるので、まるで私がいも煮チャンネルさんを貶めたいと思っているかのように誤解されてしまうかもしれません。

しかし、そうではないのです。ただただ純粋にうらやましい。

そういう気持ちです。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP