マネーの虎・岩井良明社長のコメントに学ぶ「ブログで大事なこと」

天野カズです。本日のアウトプットです。

今回は、マネーの虎で有名な岩井良明社長とYouTubeのコメント欄で会話して学んだことについて書きます。それは、「自分の知っていることを、相手は必ずしも知っているとは限らない」ということです。

 

マネーの虎の岩井良明社長と、YouTubeのコメント欄で会話しました

 

今、岩井良明社長は、「就活の虎CHANNEL」というチャンネルを運営されています。

そこで岩井社長は、かつてのマネーの虎での経験や、これから就職しようとする大学生へ向けた話などをしておられます。コメント欄にも積極的に関わっていらっしゃって、岩井社長自らが、コメントを寄せた人たちにお返事をされています。

僕は、マネーの虎の大ファンです。特に岩井良明社長と堀之内九一郎社長にはとてつもない魅力を感じます。堀之内社長にいたっては、本を2冊買って熱心に読みました。堀之内社長は、経営されていた「生活倉庫」が傾いてしまい、今はあまり表に出てきませんが、それでも好きですね。

で、岩井良明社長は、たまたま高田馬場で遭遇したことがありました。声はかけませんでしたが、感動したもんです。で、そんなことをYouTubeのコメント欄に書いたら、岩井社長自らが友好的なお返事をくれて、とてもうれしく思いました。

 

岩井社長をもしかしたら怒らせてしまったかも?

 

で、問題はここからなんですが、また別のコメントを僕は書きました。その動画は、マネーの虎と同じ「プレゼンする人 vs 岩井社長」という企画動画でした。そこで、岩井社長が気前よくお金をポン、と出したのを見て、僕は以下のような主旨のことを書きました。

「岩井社長は、いつもすぐにお金を出しますね。プレゼンする人はいいことばかり言うので、僕だったら、お金を出す前にどうしても躊躇してしまいます。やはり、決断力だ大事ですね」

という内容です。それに対して岩井社長が、

「誤解なきように。この企画は、RPGですよ。

という主旨のお返事をされました。で、僕はこの「RPG」という単語を見て、この企画は「演出」だと思ったわけです。つまり、「RPG=ロールプレイングゲーム」とは、ドラクエのように、「あらかじめシナリオが決まっている世界」を、出演者が進行させていくというものですからね。

なので僕は、このようにお返事しました。

「演出だったんですね。でも、それにしても、本家マネーの虎でも岩井社長はすぐにお金を出していますし、すごいです!」

というような主旨です。すると、岩井社長は、僕のこのコメントに少々、ご立腹されていたようでした。急にそっけなくなって、

「ロールプレイングというのは、片方は演技ですが、片方は違いますよ。社会人の常識です」

という主旨のお返事をされました。で、このとき、尊敬する岩井良明社長に不快な思いをさせてしまったことを、僕はとても悔みました。なので、ちょっと悲しい気持ちになってしまいました。

まあ、第三者から見ると、このやりとりはどうでもいいことかもしれません。僕も、もし、これが岩井社長じゃなかったら、普通に「まずいこと書いちゃったなあ」ぐらいでとどめて、気にしなかったと思います。

でもやはり、「好きな人」や「尊敬する人」を不快な思いにさせてしまったときは、人は自責の念にかられて悲しい気持ちになるものです。

 

 

 

岩井社長は、僕の「演出」という言葉が気になった

 

人と人が対話していると、自分が書いたこと、言ったことが、思ってもいない意味でとらえられてしまうことがよくあります。今回のケースもまさにそうです。その中のひとつが、「演出」という言葉です。

僕は、「演出」という言葉を、悪い意味だとは思っていません。むしろ、バラエティ番組やYouTube動画では、積極的に使っていくべきものだとさえ思います。

たとえば、バラエティ番組の街中インタビューに答えた人が、実は「役者」だった、なんてことはよくあります。でも、僕はそれが発覚したからといって、だまされたとは思いません。むしろ、楽しい番組を作ってくれてありがとう、とさえ思います。

で、一般的にもそう思われているような気がします。もちろん、報道番組で「演出」をやってしまったら完全にアウトです。でも、バラエティ系では、全然問題ないとほとんどの人が思っているでしょう。

むしろ、僕のように「演出はどんどん使っていくべき」という人さえいるくらいです。なので、僕が岩井社長に「演出だったんですね」とコメントしたときも、全く悪い意味で使ったつもりはありませんでした。

しかし・・・

岩井社長には、そうは受け取れなかったんですね。

「演出」という言葉を使われると、まるで「やらせ」というような、悪い意味で言われた気持ちになったのだと思います。

つまり、この見出しの最初に書いたとおり、「自分(僕)の言ったことが、思ってもいない意味で相手(岩井社長)に伝わってしまった」ということですね。

なので、こういうことは起こりえるんだという前提で、普段からコミュニケーションをするときは気を付けていく必要がある、と感じました。

 

これは、あなたにも起こりえること

 

これは十分、あなたにも起こりえることですよ。特に、男女のコミュニケーションの場合はそうですね。男と女は、思考法が全く違います。なので、「ええ??こんな意味で受け取るの???」というようなことがしょっちゅう起こります。最悪の場合、離婚に発展する場合もあります。

なので、自分が物を伝えるときには注意するべきだし、相手がもし「不快なこと」を言ってきても、もしかしたら「不快にさせようとして言ったわけではない」という可能性もあることを頭の片隅に入れておく必要はあるかな、と思います。

 

岩井社長が使った「RPG」という言葉を、僕は誤解した

 

さて、今度はこのことを別の方向から見てみます。

つまり、岩井社長が使った言葉を、僕が間違った理解をしてしまったという側面に注目してみます。それは、「RPG」という言葉です。

上にも書きましたが、僕は、この「RPG」を、「ロールプレイングゲーム、つまり、シナリオが決まっている中で出演者が演技するもの」と理解しました。だからこそ、「岩井社長にプレゼンする」というこの企画も、「だいたいのシナリオ」は決まっていると思い込んだのです。

もちろん、「演劇」のように、完全にセリフが決まっていて、話の筋まで全て台本どおりにやった、とは思っていません。それはもはや「RPG」ではなく、「演劇」とか「ドラマ」になってしまいますから。

でも、だいたいのシナリオは決めたんだろうな、と思いました。岩井社長は希望者がどんなプレゼンをしてくるかをあらかじめ知っていて、途中、キーとなるセリフもいくつか決めておくくらいのことはしたんだろうな、と思いました。

 

 

 

たとえば、自動車教習所の画面演習などそうですよね。道路を走っていくゲームをハンドルを握りながら行うのですが、あれって、コースが決められているじゃないですか。

もちろん、そのコースを進む中で、どのくらいのスピードを出すか、とか、どうやって障害物をよけるか、といったことは、個人個人で変わってきます。が、全体的には、「コース」は決まっていることはたしかですよね?

それと同じように、岩井社長の「マネーの虎風プレゼン企画」も、「あらかじめおおまかなシナリオは決めていて、最終的にマネー成立するかどうかも決めて、そのうえで、途中の発言は自由に行っていく」という形だと僕は理解しました。

僕にとっては、「ロールプレイング」というものは、そういうものだと思っていましたからね。と同時に、それは悪いことでもなんでもなく、動画収録をするにおいて、「少しでも視聴者に面白いものを届ける」という考えに照らし合わせると素晴らしい考えだとすら思っています。

しかし、結局僕は「ロールプレイング」という言葉を、間違って理解していたわけです。

 

 

 

 

「ロールプレイング」の正しい意味とは?

 

「ロールプレイング」という言葉は、営業の研修などでよく使われるようです。さながら本番形式で、「営業員役」「お客さん役」というように役割を決めて、営業員役の人がトークをしていくような研修方法ですね。

たしかに、こういうことは、会社ではよく行われます。僕も、営業をしていたことがあるので、そのときはしょっちゅう、これをやっていましたね。

ただ、僕の会社では「ロールプレイング」という言葉は使っていませんでした。もう20年くらい前の話になるので、その頃は「ロールプレイング」という言葉を営業やビジネスの世界であまり使わなかっただけかもしれませんが・・・

僕の会社では、「予行演習」とか「本番形式」というような感じで使っていましたね。その後、僕は営業から離れて、別の仕事についたのですが、そこでは「ロールプレイング」する機会すらありませんでした。なので僕にとっては、「ロールプレイング」という言葉は馴染みの薄いものでした。

岩井社長としては、「ロールプレイングという言葉は、当然、誰もが正しく理解しているはず」という前提で使っているし、それに対して僕は「正しく理解していなかった」わけですから、話がかみあわなかったんですね。

 

ここから学べることは?

 

さて、ここから学べることです。それは、「自分が当然と思っているものは、相手にとってはそうでないこともある」ということですね。

特に、僕は普段からブログを書いていますから、気を付けなければいけないな、と思いました。もちろん、岩井社長を批判したいわけではありません。今回は、「ロールプレイング」という言葉を正しく理解していなかった僕の方が悪いのですから。

 

僕が、「相手の知らない言葉」を使ってしまった例

 

ただ、本当に、「え??こんなことも知らないの???」ということは、日常でもブログでもたまにあります。僕が今ぱっと思い出す限りでは、「原風景」という言葉を知らない人がいました。

その人は、首都大学東京を出て建築関係の分野で成功されている方で、かなり知的なイメージの方です。最近では拠点を台湾に移すなどして、ワールドワイドに活動されています。

その彼と、ビジネスについて雑談していたときに、僕がふと「原風景」という言葉を使いました。でも、彼はこの言葉を知らなくて、ちょっと意思疎通がうまくいかなかった場面がありました。

もちろん、それはリアルで会話していたので、その場ですぐに説明して誤解は解けましたが、あれほど知的な人でも、「原風景」という言葉を知らない場合があるんだな、とびっくりしたものです。

考えてみれば、「原風景」って微妙なラインの言葉ですよね。文学とかには出てきますが、日常ではほとんど使いません。よく考えれば、知らない人がいても全然、不思議ではありません。

 

 

ちなみに、「原風景」という言葉の意味は、「一人の人間の思想形成に大きな影響を与えた記憶」というような意味です。■使い方の例→あるプロ野球選手の言葉「私の”原風景”は、小学一年生のときに、父親とキャッチボールしたときの公園の風景です」

 

 

 

ブログで使う言葉は、「とにかくわかりやすく」

 

僕は、ブログで文章を書くときには、「わかりやすく」ということを一番、大事にしています。実は僕は、過去に小説家を目指していたことがあって、しかも純文学でした。まあ言ってみれば「小難しい文章」を必死で毎日書いていた時期があったのです。

で、僕が最初にブログを書き始めたころ(2008年ごろ)は、小説を書くのと同じマインドで書いていました。つまり、小難しく書いていたんですね。で、全然アクセスは来ませんでした(´;ω;`)

それからブログの勉強をして、ブログというものは、小説と違って、わかりやすく書かなければならないことを知りました。よく考えたら、ブログって、小説と違ってわざわざ買って読みませんからね(;^_^A

買って読むんだったら、「お金払ったから、ちゃんと読もう」という気になるんですけど、ブログの場合は無料ですから、流し読みされるわけです。なので、流し読みでもわかる文章じゃないといけないんですね。

つまり、「相手が全て知っている」ということを前提に書くのではなく、「ちょっと難しい言葉かな」と思ったものは簡単に表現しなおしてみたりするなどして、工夫することが大事なんです。

そんなことを、岩井社長とのコメントから、改めて学びました。

岩井社長、ありがとうございました。そして、これからも応援しています!

 

以上、天野カズからの、あなたへのアウトプットでした。いつも僕のYouTubeトークを聴いていただき、そしてこのブログに訪れていただき、本当にありがとうございます!