【嫌な奴の原因#1】仮面ライダーの見過ぎ

【嫌な奴の原因#1】仮面ライダーの見過ぎ

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

「嫌な奴」はなぜ「嫌な奴」に育ってしまったのか。

その原因のひとつに、「勧善懲悪ドラマの見過ぎ」があります。

つまり、

仮面ライダーや水戸黄門ですね。

★ ★ ★

こういうドラマは、

「正義が悪を倒す」

という二元論(白黒思考)の考え方で成り立っています。

しかし実際のところ、リアル世界は二元論では成立していませんよね。

ひとつの物事が正義か悪かは、見方によって変わります。

★ ★ ★

もちろん、普通の人は、二元論では考えません。

なので、自分と意見が違う人を見ても、

「その人はその人の事情があるんだろう」

と、柔軟に考えます。

だからこそ、ムダに争うことはないんですね。

★ ★ ★

しかし、勧善懲悪モノのドラマを真に受けて育った「嫌な奴」は、

自分は絶対的に「正義」、相手は絶対的に「悪」

と考えます。

つまり、その真ん中の「グレーゾーン」がないんですね。

なので、柔軟に考えることができません。

そういうことから、ちょっとでも意見が違う人を見ると、

「あいつは悪だ!」

と過剰に反応してしまうのです。

★ ★ ★

こう考えると、「嫌な奴」はある意味、かわいそうです。

テレビドラマを純粋に見ていて、

その影響をもろに受けてしまっているわけですからね。

そういう「嫌な奴」の背景を考えたら、

少しだけ、同情はできますよね。

もちろん、だからといって、

嫌な奴の攻撃をもろに受ける必要はありませんよ。

ただ、「同情」できれば、

嫌な奴から攻撃をされたときに、

被害感情が少し和らぎます。

今回のお話、ぜひ参考にしてみてください。

 

――※追記

なお、仮面ライダーも水戸黄門も、

ドラマとしては質が高いことに変わりはありません。

間に受けることなく、

ドラマとして楽しむ限りは、

とても意義のある作品であるのは

言うまでもありません。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP