【嫌な奴の特徴#2】ブロック・着信拒否の怒り

【嫌な奴の特徴#2】ブロック・着信拒否の怒り

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

着信拒否やブロックは、今やなくてはならない機能です。

多くの人と簡単につながることができる時代だからこそ、

適切に関係を終わらせていくことも必要ですからね。

で、普通の人はそれがわかっているからこそ、

着信拒否やブロックをされても、

「激しく怒る」ことはしません。

(もちろん、むっとはしますけどね(;^_^A)

★ ★ ★

しかし・・・

「嫌な奴」は、着信拒否やブロックを激しく嫌います。

そして、相手を

「裏切者!」

「人間として失格だ!」

「常識的にありえない!」

とまで言って非難します。

★ ★ ★

ではなぜ「嫌な奴」は

着信拒否やブロックをここまで忌み嫌うのでしょうか。

その理由のひとつに、

「昭和の感覚を引きずっている」

という要素があります。

★ ★ ★

かつて昭和時代は、友人関係や恋愛関係で別れるときは、

「区切り」

をつけるのが当たり前でした。

演歌でも、別れの歌がたくさんありますよね。

「別れの盃」

を交わしながら、お互いが納得して離れる。

これが、昭和時代の常識でした。

★ ★ ★

しかし、今は時代が変わっています。

平成も過ぎ、もう令和です。

情報であふれる時代です。

かつ、多くの人と簡単につながることができる時代でもあります。

こういう時代にあっては、いちいち

「別れの盃」

など交わす余裕はないのです。

切るときはスパッと切る(※注)。

で、切られた方も、執着しない。

もうすでに、そういう時代なのです。

★ ★ ★

実際、日常的にそこら中で、

着信拒否やブロックは行われています。

でも、大きなトラブルにはなりません。

なぜなら、切る方も切られる方も、

「今の感覚」

が分かっているからです。

★ ★ ★

しかし、もし相手が

「昭和の感覚」

を持った人だった場合は、

そうはいきません。

高確率で、トラブルに発展します。

★ ★ ★

そもそも・・・

「嫌な奴」は、「~すべき」という考え方をします。

いわゆる「べき思考」です。

個人の多様性を認めず、古い価値観にこだわります。

なので、着信拒否やブロックに関しても、

昭和の感覚をひきずり、それにこだわり、

多くの人とトラブルを起こしてしまうんですね。

★ ★ ★

なので、もしあなたが誰かを着信拒否・ブロックしたい、

と思った場合は、

相手が「昭和の感覚」を持った人かどうかを見極めましょう。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。

 

――追記

(※注)について。

基本的には、今の時代も、

相手に伝えたうえで関係を切るのがベストです。

ただし、いつもそうする必要はない、ということです。

時と場合によっては、

着信拒否・ブロックを使っていく必要がある。

そういう意味です。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP