【嫌な奴の特徴#8】ロジハラ 都合のいい正論で圧迫する

【嫌な奴の特徴#8】ロジハラ 都合のいい正論で圧迫する

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

「嫌な奴」対策として、

「ロジハラ」という言葉はぜひ知っておきたいワードです。

単語として認識しておくことで、

警戒することができますからね。

★ ★ ★

では、ロジハラ人間とは、いったいどういう人間か。

それは、

「都合のいいロジックで圧迫してくる人」

のことです。

この「都合のいいロジック」というのがポイントです。

★ ★ ★

というのも、

ロジック、つまり論理というものは、完璧ではありませんよね。

聡明な皆さんはわかっているでしょうが、一応、確認を。

論理は、見る角度から全く変わってしまうものです。

たとえば、買い物をするときに、

「論理的に正しい買い物をしよう」

という場合。

これは人によって答えが違ってきますよね。

・値段という尺度から見た論理。

・デザインという尺度から見た論理。

・人気という尺度から見た論理。

色んな論理があるわけです。

★ ★ ★

にもかかわらず、ロジハラをしてくる人間は、

「論理は完璧だ」

と思い込んでいます。

で、「自分に都合のいい尺度からの論理」を振りかざして、

相手を圧迫してきます。

「私の意見は、論理的に正しい。だから従え!」

というわけですね。

★ ★ ★

こういう人間とは、

話し合う余地はありません。

何せ、「完全完璧に世界基準で見て私が正しい」

と信じて疑っていないのですからね。

彼らの自分都合の論理で固められたお花畑を荒らせば、

彼らを憤慨させてしまいます。

なので、対話するだけムダです。

ここは速やかに離れて、

そっとしておいてあげましょう。

★ ★ ★

ただ、こういうロジハラ人間も変わることはあります。

まわりから嫌われるので、

いつかの時点で気づくんですね。

そして、人生の方向性を変えます。

で、そういうタイミングで対話をするなら、

有意義な話ができるでしょう。

★ ★ ★

とはいえ・・・

中には、気づかず一生を終える人もいます。

そういう奴は真正のヤバい奴です。

ごくごく少数ですが、残念ながらそういう人は存在します。

まあ、

それはそれで他人事なのでどうでもいいですが・・・

それでも、過剰に迷惑をかけない程度に

ロジハラを抑えてほしいものですね。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP