【嫌な奴の特徴#15】無関係な権威を背景に話す◆他人を笠に着る奴

【嫌な奴の特徴#15】無関係な権威を背景に話す

 

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

有名な人や大人物を引き合いに出して

一個人を攻撃する人がいます。

たとえば、

 

・スティーブ・ジョブズはこう言ってた。

    だからあなたは間違っている!

・羽生善治はこう言ってた。

    だからあなたは間違っている!

 

というように。

こういう人はほぼほぼ「嫌な奴」です。

なので、要警戒です。

★ ★ ★

ではなぜ、こういう人は「嫌な奴」と言えるのか。

それは、

「自分がない」

からです。というのも・・・

自分がないと、不安になります。

不安になると、視野が狭くなります。

視野が狭くなると、物事を大げさに解釈します。

なので、あなたのささいな発言を

過剰に悪く解釈し、

騒ぎ立てる可能性があるのです。

それだけでなく、

あなたの悪評を

まわりにまき散らすこともするでしょう。

★ ★ ★

考えてみてください。

もし、自分をしっかりと持っていれば、

わざわざ大人物を引き合いに出して

他人を非難なんてするでしょうか。

そこは普通に、自分の意見として

「あなたは間違っている」

と言うことができるはずです。

こういう人は、自分を持っている分、

心に不安がありません。

なので、広い視野を持っています。

ということは、

話せば分かり合える可能性があるのです。

★ ★ ★

しかし、

わざわざ大人物を引き合いに出すような人は、

自分の存在に不安感をかかえており、

視野が狭いです。

分かりあえる余地がほとんどありません。

なので、

ひたすらあなたの批判ばかりを繰り返します。

しかも、それをやめようとしません。

なぜなら、彼らは不安感を自分で消化できませんから。

あなたが「参った」と言わない限り、

彼らはずっと不安なのです。

だからこそ、

あなたを非難することを

絶対にやめないのです。

★ ★ ★

こういう、「話の通じない人」と

話をしようとしても、時間のムダです。

話を続けて相手がますます燃え上がってしまう前に、

その場をサッと離れましょう。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP