【生きる知恵】嫌味を言われても気にしすぎてはいけない◆その理由を「風邪」に例えて説明します

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている言霊コーチ天野です。

 

嫌味を言われると、悔しい気持ちになりますよね。

でも、あまり気にしすぎると精神に悪影響が出てきてしまいます。

これを、「風邪」でたとえてみましょう。

風邪を引くと、熱や咳などの「症状」が出ますよね?

それは、「今、健康状態がヤバいぞ」という身体のサインです。

なので、そのサインに従って体を休めれば、やがて健康に戻ります。

しかし、問題はその「サイン」です。

本来なら「サイン」にすぎないはずの熱や咳が、あまりにひどくなってますます体力が失われる場合があるのです。

なので、風邪を引いたら薬を飲んで、「熱や咳を抑える」必要があるわけですね。

★ ★ ★

「嫌味を言われて気になる」のもこれと同じです。

「気になってしまう」のは、脳があなたに伝えるサインです。

なので、そのサインに従って、「悩みの原因となっている人と離れる」などの対処をすればそれで十分なのです。

しかし、気にしすぎてしまうと、本来なら「サイン」でしかなかったはずの「気になる」という現象に、あなた自身が苦しめられてしまいます。

なので、「気にしすぎる」のは良くないんですね。

今回のお話、ぜひ参考にしてみてください。

あなたの未来のために。

 

ブロガーyoutuber : 言霊コーチ天野より  →TOP

 

ABOUTこの記事をかいた人

◆「言霊の力」であなたの人生を変えるプロコーチ。コーチングを受けたお客様は着実に内的に変化・成長していき、人生が上昇していきます。多数実績あり。YouTube登録者1万人(3つの合計)。 ◆【こんな人へ向けて情報配信しています】頑張ってるのにいつも報われない人。モラハラを受けている人。人生の軸を見失っている人。 ◆1975年生まれ。早稲田大学卒。音楽家として坂本龍一氏プロデュースアルバムに作品が採用される。テレビ番組挿入曲など作曲。妻と猫2匹と暮らす。