物事がうまくいかないとき。「〇〇に問題がある」と考えてみると、現状を打破できる

【思考法】うまくいなかないときは自分に問題があると考えてみよう

 

 

語り系YouTuber、天野のメモです。今回のテーマは「うまくいかないときは自分に問題がある」です。

よく、社会が悪い、政治が悪い、親が悪い・・・と、まわりのせいにする人がいますよね。

でも、それでは決して物事はうまくいきません。そうではなく、「自分に問題がある」と考えると、抱えている悪い状況を打破できます。

というのも、物事はすべて自分のアクションから始まるからです。つまり自分が何らかのアクションを起こしてでそれに対してレスポンスが来る、という形なんですね。

 

★ ★ ★

 

たとえば、職場であなたが「評価されていない」という現状があったとしましょう。このとき、先輩が悪い、同僚が悪い、会社が悪い・・・このように他人に責任転嫁をしてしまうと、絶対に状況は好転しません。

そうではなく、まず「自分に問題がある」と考えてみるわけです。なぜかというと上記のとおり「物事は自分のアクションから始まる」からです。

たとえば、「職場で先輩に礼儀を尽くさなかった」ということがあったとしましょう。それは自分の「アクション」ですよね?その結果、「先輩から嫌われてしまった」というレスポンスが来たわけです。

で、そういう積み重ねがあって「今、評価されていない」という「結果」を引き寄せているのです。ならば、自分のアクションを変えれば、当然、レスポンスも変わりますよね?で、それを積み重ねれば、「結果」も変わってきます。

たとえば、今まで先輩に礼儀を尽くしてこなかったのなら、「礼儀を尽くす」というアクションに変えるのです。そうやって自分が起こしていくアクションを変えていくことで、まわりの状況は変わっていきます。

 

★ ★ ★

 

ただ、ここでこんな反論が来るかもしれません。

「理不尽な上司が何か言ってきた場合はどうするの?この場合、アクションじゃなくて不可抗力でしょ?」と。

たしかにそうです。たとえば、あなたに「必要以上の仕事を押し付けた」とか「暴言を吐いてきた」とか・・・これは本当にどうしようもないですよね。

だって、自分から起こしたアクションじゃなくて、向こうから起こされたアクションですからね。「だからこれは自分の責任じゃないでしょ」とまあ、そう言いたくなるかもしれませんけど・・・。

 

でも、それを「どう処理するか」というのは今度は「あなたのアクション」になるじゃないですか。

たとえば「上司が仕事を必要以上に振ってきた」という場合、それを全部受け入れるのかそうでないのか。で、「受け入れる」ということをしたならば、それは「あなたのアクション」ですよね?だから、その方向に物事が進んでいってしまいます。抱えきれない仕事量に頭がパンクしてしまうかもしれません。

「上司に暴言を吐かれた」というのもそうです。それをどう受け止めるのか。その言葉を「真面目に受け止めて、考え込んでしまう」これも一つのアクションですよね。そうすると、「心が傷つく」という結果に結びついてしまいます。

でも一方で、「上司の言葉をうまく受け流す」これもアクションですよね?

 

★ ★ ★

 

このように、アクションが向こうから起こされた場合も、それに対して「どう動いていくか」という段階にきたら、それはもうすでに「あなたが起こすアクション」なんです。

そう考えたらやはり、すべては「あなたのアクション」から始まるというわけなんですね。

で、「アクション」というのはまさに「自分の問題」ですよね?だから、決して「他人のせい」ではないわけです。

つまりは、自分からアクションを起こす場合はもちん「自分の責任」ですけど、他人からアクションを起こされてそれに対してどう反応するかというのも「自分のアクション」なんですね。

で、その選択を間違ってきたから、「今、うまくいっていない」という状況があるわけです。

 

ならば、「自分のアクション」を変えていけば、物事は変わっていくじゃないですか。で、そのために大事なマインドが「自分に問題がある」です。

このマインドをしっかりと固めておくことで、アクションの一つ一つが適正なものに近づいていきます。もし、このマインドも何もなく、その時々で適当にアクションをしてたら、成長が全くありません。

でも、「自分に問題がある」というマインドを固めておけば、一つ一つのアクションに「行動の指標」ができるじゃないですか。だから、責任を持って動けるわけなんですね。

もちろん、それでも時にはミスしてしまうことはありますよ。でも、たとえミスをしたとしても、そのマインドを固めているかぎり「成長」していくわけですから、物事はしだいに好転していくのです。

 

ぜひ、参考にしていただけたら、と思います。

 

以上、天野でした。いつも私のYouTubeトークを聴いていただき、そしてこのブログに訪れていただき、本当にありがとうございます!