YouTuberならおかファームさんへのアンチコメントを見て胸糞悪くなった話【誹謗中傷】

YouTuberならおかファームさんへのアンチコメントを見て胸糞悪くなった話

 

天野です。

YouTubeにてYouTuberならおかファームさんへのアンチコメントを見て胸糞悪くなった話というタイトルでトークしました。ここでは、その概要を書きますね。

 

夢を追う40代のYouTuber、ならおかファームさん

 

ならおかファームさんというYouTuberがおられます。ひとことで言うと、夢を追いかけている40代のYouTuberです。

もうちょっと詳しく説明すると・・・ならおかファームさんは今、45歳です。若いころはデスメタルバンドを組んでバリバリにライブ活動をしていました。当時、見た目は完全にヤンキーでした。で、その後、ソロに転向して、普通のポップスを歌い始めます。ソロでの活動は順調で、音楽評論家・富澤一誠さんの番組のラジオオーディションでグランプリも獲得しました。

しかし、メジャーデビューは実現しませんでした。で、その後、様々な活動をしてきました。ビジネスに手を出したり、中国に渡って日本語教師をやってみたりなど・・・

 

山小屋にこもってサバイバル的なYouTube配信を始める

 

そして2018年、ならおかファームさんは農業を始めます。農業YouTuberの松本直之さんに弟子入りしたんですね。それとともにYouTube配信も始めました。ただ、農業もうまくいかなかったんですね。なので、一人で山小屋に住んで、そこでYouTubeサバイバル的な配信を始めました。

生計は、視聴者からの支援金でまかなっています。いつか、音楽で成功して、フジロックに出るんだ、ということで、かなり気合を入れて頑張っています。

 

「頑張っている人の足を引っ張る」この風潮は、日本の経済停滞をさらに加速させる

 

で、そんなならおかファームさんのチャンネルで、私は悪意のあるコメントを見てしまいました。それがあまりにもひどい内容だったので、私は「胸糞悪くなった」というわけです。

たしかに、ならおかファームさんのようなYouTuberは好みが分かれます。私は「応援したい」と感じます。しかし、「ふざけた奴」と感じる人もいるでしょう。

ただ、だからといってひどいコメントをわざわざ書くのは、全く意味がありません。それどころか、日本の経済停滞に拍車をかけることになります。

 

景気は、文字通り人々の「気分」がかなり影響してくる

 

景気は、まさに文字通り「気分」の問題がかなり影響してきます。「頑張っている人の足を引っ張る」ことは、この気分に水を差すことになります。そもそも、そういう経済の話を持ち出さなくても、汚いコメントを書くことは人間として美しいことではありません。

もし、「このYouTuber、なんかむかつくな」と思ったとしても、その思いをコメントで表現するべきではありません。気持ちを発散させる方法は、他にもあるはずです。

以上、天野でした。

なお、この話をもっと詳しく聴きたいという方は、YouTubeトークにて語っているので、ぜひ聴いていただけたら、と思います。

いつも私のブログ・YouTubeチャンネルに訪れて頂き、感謝しています。