【生きる知恵】世の中の悩み 苦しみのほとんどは被害妄想が原因

世の中の悩み 苦しみのほとんどは被害妄想が原因

 

天野です。

YouTubeにて世の中の悩み 苦しみのほとんどは被害妄想が原因というタイトルでトークしました。ここでは、その概要を書きますね。

 

あなたのその悩み、本当に悩むべきことですか?

 

あなたが今、何か悩みを抱えているのなら、ぜひ、問い直してほしいことがあります。それは、「自分は、ムダな悩みを抱えていないかな?」ということです。

というのも、世の中の悩みのほとんどは、被害妄想だからです。つまり、自分で勝手に作り上げたものに対して悩んでいるわけですね。

 

現象はひとつ(”コップの中の水”理論)

 

よく言われますね。現象はひとつであり、それをどう解釈するかは人によって違う、と。

たとえば、コップの中に水が半分あるとき。これを「半分もある」と見る人もいれば、「半分しかない」と見る人もいます。

「半分しかない」と思いがちな人は、悩みを抱えやすい人です。

 

ブログ・YouTubeでのコメントで怒る

 

私の場合はブログやYouTubeを運営していますので、コメントを見てよく感じることがあります。それは、「私が言ってもいないことを勝手に”言った”と勘違いして、それで怒っている人がいる」ということです。

私が言ったことに対して怒るのなら、それはまだわかります。しかし、言ってもいないことで怒るのは、まさに「一人相撲」ですよね。損でしかありません。

もちろん、これはブログやYouTubeだけではありません。日常でもよくありますよね。勝手に自分で悪く解釈して、勝手に怒るような人。で、そういう人は、その「怒り」が、やがて「悩み」に変わっていくのです。まさに、「ムダな悩み」です。

 

10年前の私は、被害妄想でいっぱいだった

 

約10年前、私はうつ病寸前に陥ったことがありました。精神科にも通院しました。その頃の自分を思い出すと、人が言ったことを拡大解釈して、勝手に自分で悩んでいたな、と思います。

たとえば、職場で上司に注意されたとき。このときに、普通なら、「注意されたことだけ」を考えますよね?でも、その頃の私は「上司は私を嫌っているんだ」と拡大解釈していたのです。

このように、いちいち何かあるたびに、それを拡大解釈して、勝手に悩むということを続けていたので、精神的に参ってしまったのです。今は、その悪いクセは克服しています。しかし、少し油断すると、拡大解釈するクセがよみがえるので、気を付けています。

 

悩みのほとんどは、被害妄想である

 

「悩みのほとんどは、被害妄想である」

この言葉を、常に自分に言い聞かせるようにしています。だって、ムダなことで悩むのって、損でしかありませんからね。

この話を、もっと詳しく聴きたい、という方は、私のYouTubeトークにて語っていますので、ぜひ聴いてみてください。

以上、天野でした。