ネットは平等な場所ではない◆クロワークスのすぐるさん、にんにんさんをきっかけに考える

【ネットは平等な場所ではない】すぐるさん にんにんさん 馬鹿教育係さん【発言権問題】

 

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

YouTubeにて「【ネットは平等な場所ではない】すぐるさん にんにんさん 馬鹿教育係さん【発言権問題】」というタイトルのトークをアップしました。

サクッと概要を知りたい方はこのブログ記事をお読みください。

★ ★ ★

さて、今、ベンチャー企業・クロワークスの代表、すぐるさんが多くの人から批判されています。

その理由は「車中泊」という言葉を商標登録しようとしているからです。独自の言葉ならまだしも、一般的な言葉ですから、それだけ反発が強いわけですね。なにせ、「車中泊」という言葉を使うたびに権利料を取られてしまってはたまりませんから。

それに対し、すぐるさんはご自身のチャンネルで、「権利料目的ではない」という趣旨のことを何度も説明しています。いろいろな理由があるとのことですが、その中のひとつとして「権威性がほしいからだ」ということもおっしゃっています(下記参照)。

商標登録した【真意】についてお話しします。

 

★ ★ ★

これに関しては、私はすぐるさんの気持ちがよくわかります。

というのも、ネットって、実は平等な場所ではないんですよね・・・

なまじ、SNSが発達してきて、「誰もが平等に意見を言える」と思われているフシもありますが、実はそれは幻想です。

たしかに、誰もがモノを言うことはできるのですが、それが受け入れられるかどうかは、その発言者によるのです。

なお、発言が重く受け止められるためには、以下の2つの条件のうちどちらかが必要になります。

  1. 権威性はあるか
  2. 真剣に当事者として取り組んでいるか

①に関しては、要するに「肩書き」ですね。たとえば、「東大生YouTuber」の言うことなら、多くの人はすぐに耳を傾けます。

②に関しては、たとえばYouTuberであり社会活動家の「にんにん」さんがそうですね。

にんにんさんは、「車中泊・道の駅」問題に関して、全生活をかけて取り組んでいます。つまり、ネットで片手間で発言しているわけではありません。

そのように、「当事者」としてその問題に真剣に取り組んでいる人の意見も、多くの人は耳を傾けます。

一方、「当事者」ではなく、ネットで少しモノを言っているだけの人の意見は、多くの人はなかなか耳を傾けてくれません。

★ ★ ★

そう考えた場合、すぐるさんが取り組む「車中泊」業界には、すぐるさん以上にもっと昔から、真剣に取り組んできた人たちがいます。つまり、キャンピングカーの業者さんなどですね。

そういう人から見れば、すぐるさんは「ネットで発言しているだけの人」と思われてしまうでしょう。

で、いくらすぐるさんが意見提示をしても受け入れられない、という場面も、おそらく今まで多くあったと推察されます。

そういうことから、すぐるさんは「車中泊」という言葉を商標登録して、権威性をつけ、「車中泊業界で真剣にやっていくんだ」という姿勢を示したいのではないか、と私は思います。

★ ★ ★

このように、ネットでの発言権は、平等ではありません。本当に真剣に訴えかけたいことがある場合は、「権威性をつける」か「真剣にそのジャンルで活動していく」という姿勢を示す必要があるのです。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP