N国党(NHKから国民を守る党)ブームは去ったけど、N国党は必要

 

N国党ブーム去った?でもN国党は必要だよねという話

 

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

今回は、「N国党(NHKから国民を守る党)ブームは去ったけど、N国党は必要」というお話です。

昨年(2019年)は、N国党ブームの年でした。国政政党に昇格し、ネットを中心に大きな話題になりましたね。

しかし、その手法が炎上商法に頼ったものであったため、その副作用から、今は多くの人に飽きられてしまって、ほとんど話題に上がらなくなってしまいました。

ただ、個人的には、この状況はとても良いと思っています。

ブームの中にいると、過剰なことが求められます。だけど、静かな状況だと、落ち着いて党運営ができますからね。

で、そんなN国党。私は、日本になくてはならない政党だと思っています。

なぜなら、「NHK改革を実現しうる党」だからです。もちろん、国会の中で多数派を取って、それでNHK改革を実現するというのは難しいでしょう。

しかし、N国党が存在し続けて、NHKにプレッシャーをかけ続けることで、やがてNHK改革は実現する可能性があると私は見ています。

★ ★ ★

さて、ではなぜそもそもNHK改革が必要なのか。その理由ですが、この一言に尽きます。

「日本の情報網が乱れているから」

です。

日本は情報の法規制が緩く、諜報機関の力も弱い状態にあります。

これは、「言論の自由がある」という意味ではとてもいいのですが、そのかわり情報が乱れてしまいがちになります。

情報が乱れているということは、

 

  • 耳障りのいい情報
  • 目立つ情報

 

ばかりが人気を得てしまうということです。

★ ★ ★

これを、「子育て」に当てはめて考えてみましょう。

子供を育てるときに、子供に、

 

  • 耳障りのいいこと
  • 目立つこと

 

ばかり言い聞かせるでしょうか?たとえば、おもちゃをたくさん買ってあげたり、派手でチカチカする映像ばかりを見せるでしょうか?

普通、そんな育て方はしませんよね?

時には叱ることも必要です。チカチカする映像を見せるだけでなく、本を読み聞かせることも必要です。

叱らないと、子供はどんどん、堕落していきます。

★ ★ ★

また、チカチカした派手なものばかり見せると、脳によくありません。なぜなら、前頭前野の機能を使わなくなってしまうからです。

前頭前野は、人間的、理性的な部分をつかさどる場所です。しかし、チカチカした映像は、理性的な判断を経ることなく、視覚情報から直接、脳の感情的な部分に働きかけてしまいます。

つまり、派手な情報ばかり見せると、人は「モノを考えなくなる」のです。

なので、子供には派手な映像ばかり見せるのではなく、本を読み聞かせることによって、「自分の想像力を働かせる」能力を育てることが必要です。

★ ★ ★

これは、大人も全く同じことです。

叱らないで、「耳障りのいい情報」や「派手な映像」ばかり与えると、堕落していきます。

そして、最終的には「日本の国力が落ちてしまう」ということにもなりかねません。

たとえばYouTubeは、「多くの人に好まれそうな映像(耳障りのいい映像)」がおすすめに上がってくる、というシステムになっています。

つまり、YouTubeを見ているかぎり「耳障りのいい映像」ばかり目にする、ということになります。

なので、私は、NHKはYouTubeチャンネルを持ち、YouTube内で大きな力を持つことが必要だと思っています。

そうすれば、その他の「耳障りのいい映像」に紛れて、常にNHKの映像もおすすめに上がってくる、という状態になりますよね?

このことで、日本人の最低限のリテラシーは保たれるはずです。

★ ★ ★

ただ、そうした政策も、そもそもNHKが健全な状態であることが前提で成り立つものです。

NHKの情報自体が乱れたものだったら、全く意味がありません。

だからこそ、NHK改革が必要なのです。

そして、そのためこそ、N国党の存在は重要だと私は思っています。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP