心理的リアクタンスを利用してやる気を出す方法◆静かなる反抗でやる気アップ

【モチベーション】心理的リアクタンスを利用してやる気を出す方法

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

今回は、心理的リアクタンスを利用してやる気を出す方法をご紹介します。
詳しい内容は上記添付のトークにて語っていますが、ここでは、簡単にその内容をご紹介しますね。

心理的リアクタンスとは、「人に言われたことと逆のことをしたくなる心理」のことです。

たとえば、「この動画を見ちゃダメですよ!」といわれたら、逆に見たくなってきませんか?

そういう心理のことです。

★ ★ ★

で、これをやる気アップに生かそうというわけですね。それは、人に言われたことに「ちょっとだけ変化を加えてみる」ということです。

たとえば、あなたが野球部員だったとしたら、監督に「こういう打ち方をしなさい」と指導されますよね?

でも、人間って、人に指図されるとやる気を失うものです。むしろ、そう言われると違うことをしたくなるものです。つまり、心理的リアクタンスですね。

ならば、この心理的リアクタンスを利用すればいいのです。

監督に言われた打ち方に、少しだけ変化を加えてみる。この変化が、監督に対する「静かなる反抗」になるわけです。この反抗心が、やる気となるわけですね。

なので、仕事でも勉強でも、人に言われたことに少しだけ変化を加えてみましょう。たったこれだけのことで「指図された」という雰囲気がうすまって、やる気がアップしますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。

あなたの未来のために。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP