平塚正幸氏は、いじられ屋、殴られ屋になってしまっている

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

以前、私の動画に「平塚正幸氏は、殴られ屋のようなものだ」というコメントをもらったことがあります。

要するに、「平塚氏はいじったりつついたりして楽しむ存在」ということをこのコメント主さんは言っているわけです。

で、今はそういう考え方が多数派です。実際、平塚正幸氏を「おもちゃ」にしている動画が大人気で、さらにコメント欄でも平塚さんは遊ばれています。

ただ、いくら平塚さんを「いじり倒す」ことに罪悪感を感じない人であったとしても、他の人をいじるのには抵抗を感じるはずです。

たとえば、N国党の松田亘さんや松田みきさんを「いじり倒す」ことには、多くの人は罪悪感を感じるでしょう。

★ ★ ★

さて、世の中には、「いじってもいい対象とされている人」がいます。たとえば、芸能人やスポーツ選手がそうです。

事実、元サッカー日本代表選手の柳沢敦さんなどは、「QBK」などと言われ、おもしろ動画を作られ、徹底的にいじられ、遊ばれています。

野球だと、元日本ハムの多田野数人さんがそうですね。

多田野さんは、もはや「いかにいじって楽しむか」の道具とみなされているところがあります。もちろん、私はこれがいいこととは思っていませんが、現状として、「柳沢や多田野ならいじっても全く問題ない」という空気があるのは確かです。

だから多くの人は、罪悪感を一切持つことなく、彼らをいじり倒すことができるのです。

★ ★ ★

で、平塚正幸さんに関しても、もはやそういう存在になってしまっているということです。もちろん、平塚さんはそれを望まないでしょう。私も、そういう風潮がいいとは思いません。

でも、現状としてはそうなっているのです。

★ ★ ★

当ブログを平塚さんが読んでるとは思えませんが、もし読んでいたなら、少しでもいいので、考えていただけたら、と思います。平塚さんは、すでに「おもちゃ」になっていて、そして「殴られ屋だ」とさえ言われている事実を。

つまり、平塚さんは「いじって楽しむ、殴って楽しむ存在」になってしまっています。これは私が言っているのではなく、そういう現状が出来上がっているのです。

★ ★ ★

私は人間の良心を信じています。

人には、「他人をいじったり殴ったりして楽しむ」感情はないと信じています。ただ、それには例外があって、それは「相手がおもちゃである場合」です。

つまり、柳沢敦さんや多田野数人さんのような「おもちゃ」としての役割を与えられてしまっている人に対しては、人はいくらでもおもちゃ扱いするだろう、と。そこの部分は、「良心の例外」とも言える部分です(もちろん、私はこういう現状がいいとは思っていませんが)。

なので、平塚さんに関してもそうだと私は思っています。「良心の例外」が多くの人に発動してしまっているのだろう、と。

こうなってしまっている以上、平塚さんは、「おもちゃ」にされてしまうような行動方針を転換した方がいいのではないか、と私は思っています。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP