平塚正幸氏は議論で「逃げている」「論点をズラしている」とよく言われるが・・・その実態は?

;

平塚正幸氏はゆうじ日常放送局モノ申す部にコメント書いたという認識はあるのか

 

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

今回は、私のトークに頂いたコメントを見ての、私の見解です。以下が、そのコメントです。

あの公開討論会(いも煮さんとにんにんさんの電凸)を視聴して個人的に感じたことは、相手の話をかわし、論点のすり替えをやっていたのは平塚さんの方だと思います。これが、立花さんの言動にそっくりです。立花さんのほうが狡猾ですが・・・(笑)。相手を強引に自分のペースに引きずり込むため、相手を誹謗し,その会話を遮断し,自分を優位にみせようとする言葉の連発でしかありません。最早相手を論破したいが為、駁論に近い発言です。ゆうじさんは、元々平塚さんを支持する側にいた方です。ヒソ野さんも、たぶん、いも煮さんも・・・つまり、最初から平塚アンチではありません。平塚さんが、多くのアンチを生んでしまう諸悪の根源(原因)は、相手の考えや意見をすぐに否定せず、多角的に考えて、相手の考えを理解しようとする姿勢が見られないからです。絶対に正しいという考えは存在しません。人によって考えは違って当然です。なので、相手と考えや意見が違ったからといって相手を(頭ごなしに)否定したり、自分の考えを正当化するために自分の考えを押しつけるのは、良くない行為・恥ずべき行為だと思います。精神の成長が止まったまま、と思われても仕方ありません。ただ、平塚さんが語る支配者層の存在は、個人的にも「トンデモ論」では片づけられません(笑)。ビル・ゲイツをお調べください。

(引用元 : 平塚正幸氏はゆうじ日常放送局モノ申す部にコメント書いたという認識はあるのか  / Cal Calさんのコメント)

 

不思議ですね・・・。同じ討論を見ているのに、印象がここまで違うとは。私は平塚さんが論点ずらしをしていると感じたことはありません。いつも感じるのは、電話をする方も、平塚さんも、「結論ありき」であり、しかもそれを曲げるつもりは双方、ないということです。

つまり、「最初からまとまるはずがない話をお互いがしている」という印象です。

★ ★ ★

ここで、私がいつも感じている、平塚さんの公開討論会のパターン(創作)を書いてみます。だいたい、以下のような感じです。

①電話主「平塚さんは、社会活動と言いながら、なぜYouTubeの広告をつけているのですか?」

②平塚さん「いくら社会活動とはいえ、収入を得ないとやっていけないからです。」

③電話主「つまり、お金が目的、ということですね?」

④平塚さん「あなたさ・・・(貧乏ゆすりしながら)日本語理解できないみたいだね。お金”も”必要って意味ですよ。」

⑤電話主「ほら、やっぱりカネ目的だ。アマゾンに欲しいものリストを出している理由も、ちゃんと答えなさいよ!」

⑥平塚さん「・・・・・・・・・」

⑦電話主「あんたさ、話聞いてる?」

⑧平塚さん ~パントマイムを始める~

 

 

以上は、実際にあった会話ではないですが、「よくあるパターン」として私が今、即席で作りました。私が思うに、平塚さんが「ごまかしている」「論点をズラしている」「逃げている」と言われるのは、ほとんど以上のようなパターンです。

 

★ ★ ★

 

見ていただけたらわかると思いますが、まず、電話主は「カネ目的」という結論ありきです。それを変えるつもりはなく、ただただ「平塚さんにそのことを認めさせる」ためだけに電話をしています。

一方、平塚さんは、なぜ「カネ目的」と思われてしまうのか、自分で反省・検証しようとする気がさらさらありません。たとえば、④のように、ケンカ腰で相手を論破しにかかります。

④で、もし「話の通じる人」なら以下のように答えるでしょう。

「まあまあ、ちょっと落ち着いて。申し訳ありませんが、やっぱり社会活動には、お金”も”必要なんです。逆に聴きたいですが、なんでお金だけが目的に見えてしまうのですか?教えていただけたら、改善します。」

と、やわらかい表現で、かつ、「お金目的と思わせてしまう原因は、自分にもある」という気持ちを持ちつつ相手と会話をします。

なので、最終的に話がある程度はまとまります。

上記の例では、平塚さんは話を放棄し、パントマイムを始めているので、そこが「逃げている」と言われるゆえんですが、そもそも、電話主は結論ありきなので、話が通じるわけがないのです。だから平塚さんは「これ以上は話してもムダ」と判断し、

・パントマイムを始める

・「あなたがそう思うならそれでいいんじゃないですか?」(※)

 

ということをやりだすわけです。個人的には、これは「逃げている」というより「話してもムダと諦めている」という印象です。

(※)・・・この言葉は、使い方によっては議論を上手に避け、人間関係を円滑にするために有効。ただ、平塚さんはその意味では使っていない。

★ ★ ★

とはいえ・・・

そもそも、なぜ「電話をする方が、結論ありき」なのか。ここに注目すると、諸悪の原因は、「日ごろの平塚さんの表現スタイル」にあると私は思っています。

人は、強く主張すればするほど、聴く方は反発を覚えます。これは、心理学の世界では「心理的リアクタンス」と呼ばれます。

(参考記事 : 「心理的リアクタンス」を利用してやる気を出そう◆禁止されるとやりたくなる心理

 

つまり、平塚さんのような強い表現スタイルを見ると、人は思わず「ツッコみたくなる」のです。しかも、平塚さんは「強い表現スタイル」を通り越して、「神経を逆なでするスタイル」に近い要素があるので、リスナーの反発心はますます強くなります。

なので、平塚さんはそろそろ、表現スタイルを見直すべきなのではないか、と私は思っています。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP