清水有高さんの騒動に思う【ファンでも信者でもない、一般人の立場から】

清水有高さんについて

 

清水有高さん(ビハイア)の件に思う【やや擁護よりです。ファンでも信者でもない一般人の立場から。批判が度を越して叩くのはよくない】

 

 

天野です。本日のアウトプットです。

僕のyoutubeチャンネルでのトークのご紹介です。「清水有高(ゆうこう)さんの問題」について語ってみました。

清水有高さんは、ビ・ハイアという人材派遣会社を立ち上げ、経営されている方です。社長さんです。また、「速読の達人」ということで、「一ヶ月で一万冊の本を読む」という触れ込みでご自分をyoutube上でアピールしている方です。

で、その清水さんが、スタッフをパワハラしたのではないかという疑惑が持ち上がり、大変な騒ぎになっています。というのも、スタッフの一人がお亡くなりになられたんですね。それを引き起こしたのは、清水有高さんなのではないか、ということで問題になっているのです。

 

 

まず、僕の立場を書きますね。

 

僕は、清水有高さんのことはほとんど知りません。ファンでも信者でもありません。ネット上で何度か見かけたことがある程度です。僕も速読をするので、速読関連のことを調べるときに清水有高さんのyoutube動画に行きついたことが何度かありました。

ただ、清水さんの速読の流儀と僕の流儀とは全く違うものなので、参考にしませんでした。清水有高さんの速読の仕方は、「普通に読むのが速い」というものです(おそらく)。一方、僕の流儀は、「飛ばしながら意味を取っていく」というものです。

清水さん型の速読は、僕は過去にも挑戦したことがあって、挫折したことがあります。なので、その方向は追求しないことにしています。そういうことから、僕は清水さんの動画は「合わない」と判断し、全く参考にしませんでした。

 

 

 

当事者以外の人が騒ぐ風潮が続くと、日本経済が停滞する

 

清水有高さんは、かなり叩かれています。まあ、当然です。スタッフが「取返しのつかない状況」に追い込まれたのですから。他のスタッフもパワハラされていたとのことで、今、そのスタッフに裁判を起こされています。

しかし、僕がここで疑問を持つのは、当事者ではない人たち、つまり「全然関係のない外野の人たち」がものすごく叩いてきていることについてです。

僕は、これはよくないと思っています。清水さんは、たしかにスタッフを強く圧迫しました。ただ、それは当事者同士で争うべきことです。外野が騒ぐべき問題ではありません。

これが日本社会の悪い部分です。他人の足を引っ張るということですね。日本はかつては経済成長していました。その当時も、他人の足を引っ張る文化はあったわけですが、それ以上に経済成長の勢いがすさまじかったので、問題ありませんでした。

しかし、今の日本は停滞期です。こういう時代に、他人の足を引っ張り、叩くことばかりしていたら、もっと停滞していきます。

 

清水さんは、今回のことを十分に胸に刻み、二度と同じ過ちをしないと誓い、再び歩きださなければならない。

 

清水さんは、今回のことは、十分に反省しなければなりません。関係者に謝罪も必要です。

しかし、それ以外の無関係な人にまで謝罪する必要はありません。清水さんの動画を見て学んでいた人は多数、いるわけですが、その人たちは、清水さんに一円もお金を払っていません。

よく、清水さんのことを「視聴者を洗脳するカルト教祖みたいだ」と批判する人がいますが、それは違います。清水さんが、宗教団体のように多額のお布施を視聴者から取っていたならそう言えますが、清水さんの動画は、無料で公開されていました。なので、そういう批判はあたりません。

どんなにミスをした人も、再び立ち上がって活動しなくてはいけません。関係のない人が批判し、二度と立ち上がれなくなるほどに追い込むことは、僕はよくない傾向だと思っています。

そろそろ、清水さん叩きをやめて、後は裁判官にまかせた方がいいのではないか、と僕は思います。