クロワークスすぐるさんが「車中泊」を商標登録しようとする理由とは?

クロワークスすぐるさんが「車中泊」を商標登録したいと思う理由【個人的な印象】

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

YouTubeメインチャンネルにて「クロワークスすぐるさんが「車中泊」を商標登録したいと思う理由」というタイトルの動画を上げました(上記添付)。

この記事では、その概要を書いていきます。

★ ★ ★

さて、キャンピングカーや。車中泊関連のベンチャー企業の「クロワークス」。そしてその代表のすぐるさん。

すぐるさんは、「車中泊」という言葉を商標登録しようとしていて、その是非が議論を呼んでいます

賛成する人もいれば、反対する人もいます。

ここでは、なぜすぐるさんが、「車中泊」という言葉を商標登録しようとしているのか。その理由はこうなんじゃないか、と私なりに思うところがありますので、語っていきます。

なお、以下の記事でも語りましたが、今回は、また別の切り口からの考察になります。

【車中泊の商標登録問題】クロワークスのすぐるさんの本当の狙いとは?

★ ★ ★

私が思うに、その理由は「権威性をつけるため」ではないか、と思っています。

というのも、すぐるさんは個性的で主張が強いため、反発する人も多くいます。

もちろん、すぐるさん自身には、やりたいことや理念がしっかりとあるでしょう。

しかし、その個性の強さゆえに、すぐるさんの理念が多くの人に正確に伝わっていないようなところがあります。

★ ★ ★

というのも、人って、何でも「印象」で判断してしまうんですよね・・・。

そう考えると、すぐるさんは車中泊関連での権威性は持っていません。

もちろん、「元・警察官」という肩書きは自慢できるものです。

しかし、警察関連の情報配信をするならその肩書が「権威性」になるのですが、車中泊関連の情報配信では、それが役に立ちません。

なので、「車中泊」という言葉を商標登録することによって、「権威性」をご自身に持たせようとしているのではないか、と推察します。

権威性がつけば、すぐるさんが主張したい理念・やりたいことが多くの人に正確に伝わりますからね。

★ ★ ★

なお、多くの人がすぐるさんを批判している理由として「車中泊」という言葉を独占して、権利料を得ようとしているのではないか、と言われています。

しかし、私はそうは思いません。

なぜなら、そんなことをすれば大批判されることは必至ですからね。

すぐるさんにとって、メリットよりもデメリットの方が多いです。

私が思う理由は、あくまで「権威性」です。

★ ★ ★

まあ、本当なら、「権威」などなくても、多くの人が理念をしっかりと理解してくれればいいんですけどね。

でも悲しいかな、人は表面だけで判断します。

すぐるさんも、今のところ、あの風貌(ちょいワル?)や発言で誤解されている面が多い、と私は感じています。

以上、私の思うところを述べてみました。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP