ステハゲさんとチョコチョコさん。炎上系YouTuberの曲がり角◆西川史子さんの「演じていた」告白

視聴者の皆様へ。今までありがとうございました!長いけど最後まで見てくれたら幸いです!

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

ステハゲさんが「今までの奇行は全て演技だった」と告白して話題になっていますね。

それとともに、これからは気にくわないコメントは全てブロックする、そして、今後、動画投稿するとしたら、奇行のない、普通のものになると思う。

とも述べていました。

まず、大前提として、ステハゲさんは過去に何度かこのような動画をあげています。

たとえば、涙を流してリスナーに謝罪したり、引退宣言をしたり、チャンネルを削除してしまったり、などです。

しかし、そのたびに「うそぴょーん(はぐれ哲学者さん風)」というような動画をあげて、復活してきました。

なので、今回も本当かどうかはわかりません。

★ ★ ★

その上で、これが本当だという前提で考えると・・・

私はチョコチョコさんのことを思い出しました。

チョコチョコさんは、「イキリ芸」で人気を得てきた人です。炎上が当たり前になっていたYouTubeの世界の中で、「ネタではなく、マジかもしれない」と思わせたイキリ芸は、多くの人の注目を集めました。

事実、チョコチョコさんはN国・平塚界隈では一時期、トップレベルの人気を誇っていました。ライブではえらてんさんよりも人を集めていましたからね。

しかし、今はチョコチョコさんはそのイキリ芸の副作用で、人気が落ちてきてしまっています。

そういうことも影響してか、「いい人」イメージにがらっと変えていますよね。

★ ★ ★

さて、どうでしょう。

この「いい人」イメージは、続けることができるでしょうか。

人は、演技を続けていると、やがて精神に異常をきたしてしまうものです。

つい最近も、医師でタレントの西川史子さんが、「自分は無理して演じてきた」ととある講演会で告白し、話題になりました。

西川さんの場合は、強気の女性を演じていたわけですが、それをやりすぎたために、精神と身体を病んでしまったのです。

 

「キャラに食い殺された私」 西川 史子 Ayako Nishikawa at KUDEN

 

★ ★ ★

こう考えると、もしチョコチョコさんの本当の性格が、今、料理配信でやっているような姿と真逆であるなら、無理をしているということになります。

もちろん、そこはご本人でないとわかりません。

しかし、もしかなり無理をしているというのなら、少しだけ、力を抜いてみてもいいのではないか、と個人的には思います。

★ ★ ★

そういう意味では、ステハゲさんはとてもいい告白をしたな、と思います。
ステハゲさんは、「無理をしない」と言っています。

一言で言うと、「開き直って」います。

今までさんざん悪態をついてきたことを全く反省していません。

というか・・・反省しなくていいと思いますよ。

なぜなら、リスナーはそれを楽しんだんですから。

特に、私がステハゲさんに関してすごいな、と思うのは、

「誰にも迷惑をかけていないこと」

です。

往々にして、「炎上系YouTuber」は、他人に迷惑をかけるものです。

たとえば、他人を攻撃する、誹謗中傷する、嫌がらせをする、「〇〇の息子です」などと言う、「プロレス」と称して誰かを叩きまくる・・・

しかし、ステハゲさんの炎上は違います。ステハゲさんの場合は、

・ただ単に自分が恥ずかしいことをやるだけ

です。大学の構内で大声で歌う、中央大学の事務員と電話で口論する、泣き芸、YouTubeやめますと言ってからの手のひら返し・・・

これらは全て、他人に迷惑をかけていません。

自分が恥ずかしい思いをするか、責任が全て自分に降りかかることしかやってません。

まあ、厳密に言えば、「騒音」などで迷惑をかけていますが、そこはとりあえず除外するとして・・・

いずれにしても、誰にも迷惑をかけない「ホワイトな炎上芸」がステハゲイズムだと私は思っています。

なので、誰にも謝罪する必要もないし、反省する必要もありません。

★ ★ ★

そういう意味で言うと、チョコチョコさんはどうかな・・・

他人を巻き込んでしまった部分はあるかもしれませんね。

とはいえ、今は無理しているような気もするので、そこは心配ではあります。

★ ★ ★

――まとめ

ステハゲさんもチョコチョコさんも頑張れ!

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP