【車中泊問題】クロワークスするぐさんが商標登録を却下された件【見えないものを大事にする重要性】

【車中泊問題】クロワークスするぐさんが商標登録を却下された件【見えないものを大事にする重要性】

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

 

YouTube にて【車中泊問題】クロワークスするぐさんが商標登録を却下された件【見えないものを大事にする重要性】というタイトルの動画をあげました。

このブログ記事ではその内容を簡単にご説明いたします。

★ ★ ★

さて、ベンチャー企業・クロワークスのすぐる代表が「車中泊」という一般的な言葉を商標登録しようとして、そしてそれが特許庁から拒否された件ついてです。

これについて私なりに思うところがあったので、今回アウトプットいたします。

★ ★ ★

結論ら言うと、にんにんさん(クロワークスのすぐるさんと対立しているYouTuber・社会活動家)は「勝ち負け」を強調しないほうが良いのではないか、ということですね。

この商標登録の問題はにんにんさんが中心となって主にYouTube上ですぐるさんへの反対意見の情報配信がなされていました。

 

【緊急速報】クロワークスが申請した車中泊の商標登録は拒絶されました【車中泊問題】

 

その結果、クロワークスのすぐるさんが負けたという形です。つまり、「車中泊」という言葉の商標登録は却下されたというわけですね。

そして、これに対してにんにんさんは最近、YouTube上で「自分たちが勝利した」というような雰囲気で情報配信をされています。

で、それはちょっとまずいんじゃないかな、というのが私の意見です。

★ ★ ★

なぜかと言うと、あまり「勝ち負け」を強調すると、それは最終的ににんにんさんに大きなデメリットとなって返ってきてしまうかもしれないからなんですね。

「勝って兜の緒を締める」という言葉があります。使い古された言葉ですが、まさにこういうマインドを大事にしたほうがいいんじゃないか、と私は思うわけです。

というのも、そもそもクロワークスのすぐるさんは今、多くの人から批判されていますよね。なぜあそこまで批判されているかというと、すぐるさんが過去、「勝ち負け」にこだわって傲慢な態度を取ってしまったところがあるからじゃないかな、と私は見ています。

で、すぐるさんはそのツケを今、思いっきり払う羽目になってしまっているのではないか、と。

本当だったら「商標登録」の問題だけで批判されていればいいのに、その他のことでもすぐるさんは批判されています。

なんでみんな、あそこまで批判するかな、というぐらいすぐるさんは多くの人に「強く」批判されています。

それはすぐるさんの「過去の傲慢な行い」に原因があったと私は見ているわけですね。

★ ★ ★

で、これと同じことが、後々、にんにんさんにも起こってきてしまうかもしれないわけです。なので、にんにんさんはあまり「勝ち負け」というものを押し出さない方が良いのではないか、と私は思います。

★ ★ ★

さて、少し話がそれますが・・・

今、世の中の多くの人々は「見えない流れ」を大事にし始めています。

これは、私は個人的には「スピリチュアル・心理学2.0」と呼んでいます。

つまり、この世の中には「見えるもの」と「見えないもの」とがあるわけですね。で、「見えるもの」だけを追ってしまっている人がいる一方、「見えないもの」も大事にしていこうと考える人も増え始めているわけです。

で、この「見えないもの」っていうのは実は非常に重要です。「勝って兜の緒を締める」というのも「見えないもの」を大事にする思考法ですよね。

「見えないもの」というのはそれこそ、たくさんあります。

「万有引力」や「エントロピーの法則で」や「アドラーの目的論」、そして「引き寄せの法則」などなど・・・その他たくさんありますよね。

まあ、「見えないもの」というのは人間にはなかなか解明できないことではあり、最終的には神にしかわからないことなんですけど・・・

それでも何とか人間にも把握できるような形に落とし込もう、ということで提唱されているのが、上で列挙したような法則なわけですね。

で、これからはそういった「見えないもの」を大事にする人が「見えるもの」だけを大事にする人を圧倒していくのではないか、と私は見ています。

なので、にんにんさんも「見えないもの」を大事にしていった方が、ご自身にとってもメリットは大きいのではないかな、と私は思います。

今回は以上です。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP