YouTubeトーク動画まとめ―「GLAY」関連【by天野カズ】

 

天野カズです。僕は、YouTubeでは複数のチャンネルを持っています。トーク動画も多数、アップロードしています。

この記事では、僕がYouTubeで配信しているトーク動画の中から、「GLAY」に関するものを集めました。

 

 

GLAYに関する僕のトークのYouTube再生リスト

 

GLAYのアマチュア時代2of4【グレイの曲作りの方法。JIROの加入。ステージ衣装を統括したのは?】

 

上にBOOWYに関するトーク動画をまとめています。

上の画像を押すと、左上に「再生リストのアイコン」が出ます(詳しくは、以下をご参照ください)。

もし、この方法でうまく再生できなかった場合は、YouTubeで「天野メモ GLAY」で検索してみてください。僕のチャンネルが出てきます。ですので、そこからお聴きいただけたら、と思います。

 

再生リストの出し方

 

上の「YouTubeの画面」から、「再生リスト」を表示させる方法です。

 

 

 

GLAYを好きになったきっかけ

 

僕は団塊ジュニアの世代であり、BOOWYにはかなり影響を受けています。そんなBOØWY世代から見ると比較してしまうバンドがGLAYです。

僕が初めてGLAYを聴いたのは「Yes, Summerdays」のサビの部分です。これは、当時、カメリアダイアモンドのCMで流れていました。カメリアダイアモンドのCMといえば、女性ボーカルのハイトーンの曲が採用されることが多かったため、GLAYの曲はいまいち印象に残りませんでした。

しかし、そんな僕がGLAYを大好きになるきっかけが訪れます。それは、「Yes, Summerdays」を有線で聴いたことです。

「Yes, Summerdays」は、サビだけを聴かせる曲ではありません。曲の入りから徐々に盛り上がっていく、その起伏が圧倒的にすばらしいのです。CMでサビだけを聴いたときと、有線で全てを聴いたときのその衝撃度の違いがすごいものがありました。

・・・と、こんなことを、youtubeでは語っています。GLAYとBOØWYの比較、GLAYとUP-BEATとの比較など、団塊ジュニア世代が聴いて育ったバンドと比べて魅力を語ってみたりしています。

もしよろしければ、聴いてください!

 

いつも天野カズのYouTubeチャンネル、そしてこのブログに訪れていただき、ありがとうございます!