【苫米地英人「日本を捨てよ」より】日本にはフェアネスは存在しない【服装で判決が決まる 身分で印象が変わる】

【服装で判決が決まる 身分で印象が変わる】日本にはフェアネスは存在しない【苫米地英人「日本を捨てよ」より】

 

天野です。

YouTubeにて【苫米地英人「日本を捨てよ」より】日本にはフェアネスは存在しない【服装で判決が決まる 身分で印象が変わる】というタイトルでトークしました。ここでは、その概要を書きますね。

 

苫米地英人さんは言う。「日本にはフェアネスがない」と

 

以前のトークでも言いましたが、日本は法治国家だと言われていますが、実はそうではありません。実際は、空気で物事が決まっていきます。

で、苫米地英人さんも同じような考えをもっておられます。

それは苫米地さんの著書「日本を捨てよ」に書かれています。苫米地さんは、「日本にはフェアネスがない」とおっしゃっています。つまり、物事がフェアに裁かれず、空気などで決まっていく、ということですね。

 

アメリカは、フェアに物事が決まっていく

 

一方、アメリカはフェアに物事が決まっていきます。

たとえば、「ディベート」。

アメリカでは、討論する相手が誰であろうとも、話に筋が通っていればその意見は尊重されます。しかし、日本では、上司と部下の討論のように、身分に違いがある場合は、純粋な「論と論の戦い」にはなりませんよね。

こういうおかしなところがあるのに、多くの日本人は低い視点から物事を見ているのでそのことに気づいていません。そうではなく、高い視点から物事を見る(抽象度を高くする)必要があります。そうすれば、「日本を支配するものはルールではなく、空気である」ということがわかります。

もちろん、苫米地さんの本「日本を捨てよ」は、「日本を捨てて外国に行け」という趣旨で書かれたものではありません。

あくまで、高い視点で日本という国をよく見て、自分の人生をうまく生き抜くべきだ、ということが書かれています。

今回のお話を詳しく知りたい方は、私のYouTubeトークにて聴いていただけたら、と思います。