【生きる知恵】他人の悪口を言いたくなったときはどうするか

【生きる知恵】他人の悪口を言いたくなったときはどうするか

 

YouTubeにてアファメーション配信をしている「天野のメモ」です。

他人の悪口を言いたくなってしまうことって、ありますよね。

そもそも、悪口というものは、「言ったら恥ずかしい」ものです。

なので、普通は、誰も悪口を大っぴらには言いません。でも、例外があります。

それは、「みんなもその人を悪いと思っている場合」です。

つまり、一人だけが思っているのではなく、他にも共通に思っている悪口の場合は、「言っても問題ない」と自分で判断し、そして実際に言ってしまう場合が多いんですね。

★ ★ ★

で、こんなときはものすごい「共感」の雰囲気がその場にできて、すごく盛り上がります。

なので、場を盛り上げるために悪口を言ってしまうこともありますよね。

でも、結局は、悪口は悪口でしかありません。

争いも生みますし、嫌な感情も呼び込みます。

なので、悪口は言わない方がいいのです。

★ ★ ★

では、悪口を言いたくなったときはどうすればいいでしょうか?

それは「話を一般化させること」

です。

つまり、特定の個人の悪口を言うのではなく「こういう人って、ダメだよね」というような言い方をするのです。

その場合は、「あるあるネタ」として受け取られ、争いも嫌な感情も生みません。

場合によっては、それを本に書けばヒットする可能性だってあります。

実際、売れている本にはそういうタイプの本がたくさんあります。

なので、悪口を言いたくなったときは、個人攻撃をするのではなく、「あるあるネタ」に落とし込んで、人々にとって有益なものにしてみましょう。

今回のお話、ぜひ参考にしていただけたら、と思います。

 

ブロガーyoutuber : 天野のメモより  →TOP