簡単だけど誰もやらない、やる気を出す方法。

天野カズです。本日のアウトプットです。

このブログは、集中力は「やる気→集中力→偶然力」の順に考えてこそ、発揮される、という基本思想にもどづいて進めています。今回は、その3つの中の「やる気」についてのお話です。

起業家の原田翔太氏の著書「勉強のルール」からヒントを得て、僕なりの解釈でお届けしますね。

 

簡単だけど誰もやらない、やる気を出す方法

どうしてもやる気が出ない。困った困った、というあなた。そんなあなたに、「とっておきの方法」をお教えします。

この方法は、「やる気を出す」ということに関してはかなり強力な方法です。僕も何度も使ってきた方法です。その効果はかなりのものがあります。でも、悲しいことに、ほとんどの人は、この方法をやろうとしません。その方法とは、ズバリ・・・

自己投資をすること

です。それも、少しの額ではなく、目指す年収の10%です。なので、あなたがもし、年収1000万円を目指しているとするなら、100万円投資する、ということです。これは、年単位で考えるので、今年、100万円使ったら、来年も同じように100万円使う、ということです。

自己投資の方法はいろいろあります。たとえば、あなたが何かの国家資格を取ろうとしているのなら・・・

  • 資格取得の学校に通う
  • 本を買う
  • 勉強に役に立つアプリを買う
  • 机と本棚を新調して、勉強しやすい環境を作る
  • 勉強するための体力をつけるため、ジムに通う

などなど、です。

「学校に通う」とか、「本を買う」以外にも、「ジムに通う」ことも、自己投資に含めても構いません。あなたの成長に役立っているからです。

 

 浪費と投資

あなたが日々、生活に使うお金の種類は大きくわけてふたつです。

浪費と投資

です。浪費は、「おいしそうだからジュースを買った」とか、「楽しそうだから映画に行った」などです。

投資は、「資格取得のための本を買った」とか「机を新調して勉強しやすい環境を作った」などですね。

将来のあなたのためになるものは、全て投資となります。ですので、「年間、100万円使わなくちゃいけない」といっても、何も、直接的に資格取得の勉強に関係するものだけが投資、というわけではありません。

上の例で言えば、机を買うことも投資です。ジムに通うことも投資です。場合によっては、映画に行くことも投資になるかもしれません。

その映画が、勉強に役立つものならば、投資です。たとえば、あなたが小説家を目指しているとします。この場合、ストーリーの展開の仕方、セリフの使い方などを学ぶには、映画館の大画面で感じた方がいい、と思ったなら、それは投資になります。

そうやって、日々の生活を浪費と投資にわけて、最終的に、あなたが目指す年収の10%は、投資に使うべきだ、と原田さんは主張しています。

 

 

夕日

 

 

自己投資すると、やる気がでる

あなたが、参考書を買うとします。この場合、古本屋の100円コーナーで買うのと、新品で2000円払って本を買うのと、同じ本だとしても、意味合いが変わってきます。

人は、安価に手に入れたものには、価値を感じないのです。価値を感じないので、学びません。でも、高い金額を払ったなら、「しっかり勉強しなければ」という気持ちが生まれてきます。これが、やる気に火をつけるんですね。

こういう話で、僕はひとつ、思い出があります。それは、C-C-Bというアイドルバンドのライブビデオを入手したときの話です。

僕は、このC-C-Bというバンドを後追いで好きになりました。なので、僕が聴き始めたころはすでに解散していて、CDやビデオがかなり入手しにくい状況だったんですね。そんなとき、C-C-Bのライブビデオを発見したんですが、かなり高かったんです。2万円くらいしましたよ。

そのビデオ、食い入るように見ました。好きなバンドだったから、というのもありますが、それ以上に、高額で入手したこともかなり影響していました

今では、C-C-Bのライブ映像は、youtubeでいくらでも見れます。youtubeは、タダでいろいろ見ることができます。でも、そこに価値は感じにくいですね。

なので、もしあなたが、何かを真剣に学びたいと思った場合は、無料の情報ではなく、売られているものを買うことをおすすめします。もちろん、本を買うなら、古本よりも、新品を買った方が、がぜん、やる気が出ますよ。

 

まとめ

どうでしょうか?今は、いろいろなものが無料で入手できますね。だからこそ、人々はそれに価値を感じません。本当なら、ネット上にある情報は価値があるものばかりだと思います。

なので、こんな時代だからこそ、あえてコストをかけてみることが大事ですね。ネット上で価格を比較するようなことはやめて、あなたが価値を感じたなら、それに投資していくことが大事ですよ。

以上、天野カズからの、あなたへのアウトプットでした。頑張っていきましょう!