ふわっとした話が嫌いな人は人生で損をしている

ふわっとした話

 

ふわっとした話が嫌いな人がいます。

そういう人は、とても人生で損していると私は感じます。

というのも、「本質は常にふわっとしているから」です。

たとえば、自己啓発本に

「他人はコントロールできない。だから、自分にコントロールできることに集中しよう」

と書いてあったとします。

とてもふわっとした話ですよね。

なので、その本をアマゾンレビューで見ると、

「具体性がない。ふわっとした話でごまかしている。買って損しました」

と書いている人がいたりします。

でも、人間はひとりひとり、違うのです。

具体的なところにまで話を落とし込んで書くことはできません。

本人の状況は、本人にしかわからないのですから。

本人にしかわからない以上、具体的なことは本人が考えるしかありません。

つまり、

・ふわっとした話を、
・自分のケースに当てはめて考えてみる

ということですね。

★ ★ ★

たしかに、ふわっとした話を自分のケースに落とし込むことは、面倒です。

人間は、考えることが嫌いですからね。

だからついつい、「答え」を求めてしまうものです。

「こうすれば→こうなる」

という答えを。

でも・・・

結局はその「面倒なこと」をする必要があるんですね。

でないと、自己啓発本のアドバイスを生かせません。

もし、

「完全完璧に具体的なことまで書いてないと嫌だ」

というのなら、この記事のタイトルにも書いたとおり、その人は本当に人生で損することになります。

なぜなら、確率的に見ても、「一個人の状況」にマッチした本と出会える可能性は低いわけですから。

「可能性が低い」ということは、すなわち、「チャンスが少ない」ということになります。

★ ★ ★

一方、「ふわっとした話を自分のケースに落とし込む」ことができる人は、常にチャンスに恵まれている、ということになります。

なにせ、本を一冊買えば、その人に役立つヒントが見つかる可能性が高いわけですからね。

なので、「話がふわっとしてるなあ。もっと具体的に書いてほしい」

とよく思う人は、「自分のケースに落とし込む」という習慣を持つようにしてみてください。

人生の可能性がぐっと広がりますよ!