恋愛のテクニックを使って女性を口説いたらダメなの?

恋愛のテクニック

 

「恋愛のテクニックを使って女性を口説くのはずるい」
という意見をネット上で何回か見たことがあります。

そういう人の主張はだいたい、こうです。
「テクニックというのはその人の本質ではない。
だからダメだ。」

私は、こういう意見を聞いて思うことがあります。
本質って、愛なんだけどなあ、と。
そのことにこの人、気づいているかな、と。

人は、自分の本心から行動しているつもりでも、
実は違っていたりします。
単なるエゴだったりします。

「恋愛のテクニックを使って口説いてはいけない」

と言っている人の多くは、結局はエゴで動いていたりするものです。
なぜなら、その人が言いたいことは、

「本当の俺を見てくれ!俺をわかってくれ!」

ということですからね。

自分の思いを押し通そうとして、
真正面から好意の告白をする。

これって、
自分のことしか考えていない、まさにエゴに指令された行動ですよね。

恋愛に限らず、人間関係にはテクニックが必要です。
それも使わず、
「俺をわかってくれ!理解してくれ!」

とストレートに主張するのは、誠実とは言えません。

むしろ、テクニックを使って、
自分のエゴを抑えて、相手のことを考える。
それがたとえ、「思ってもいないこと」であったとしても、
時には持ち上げ、承認する。

こうすることで、相手は気持ちよくなってくれます。

人間関係にテクニックを使うのはずるい、と言う人は、
自分の気持ちを正直に言うことが
誠実だと勘違いしています。

「俺はお前のここが気にくわん」
「俺はお前のここを問題視している」

こんなことをストレートに言えば、たしかに正直でしょう。
しかし、誠実ではありません。

人間の本質は、愛です。
生まれたばかりのころの自分が持っている、愛です。

しかし、人間は成長するにつれ、エゴがかぶさり、
愛の範囲を限定していきます。
そしてついには、歪んだ自己愛にまで限定する人すらいます。

「俺をわかってくれ!」

と真正面から言うのは、愛は愛でも、歪んだ自己愛です。

それは、本当の自分が求めている愛ではないはずです。
日々、内観して、自分が求めていたものは何か。
生まれたばかりの頃に求めていたものは何か。

それを確認しましょう。
そうすると、一気に楽になれますよ。