自分を無条件で愛する方法【自分を本当の意味で好きになるメカニズム】

 

自分を好きになる方法

 

言霊の力であなたの人生を変える、言霊コーチ天野です。

今回は、「自分を無条件で承認したい」という悩みの解決法についてです。

★人は「本当の自分」を生きていない★

まず、大前提として、「自分を無条件で承認したい」という悩みを持つこと自体、「本当の自分を生きる」という意味において、とても良い「兆し」と言えます。

というのも・・・

人は、おうおうにして、「本当の自分」を生きていません。そのことに気づいてもいません。だから苦しむんです。

そうした場合、「自分を無条件で承認したい」と思うということは、「自分は実は本当の自分を生きていないかもしれない」と気づくことができるきっかけになるということです。気づければ、本当の自分の人生を取り戻すことができ、幸せになれるわけです。

だから、「自分を無条件で承認したい」という思いは、とても良い「兆し」なんですね。

★人は、「本当の世界」ではなく「幻想(エゴ)」の中を生きている★

人は、「幻想(エゴ)」の中を生きています。この世界のありのままを見ずに「偽り」の世界を見て、その世界に踊らされて、勝手に妄想を膨らまして悩んでいます。

で、自分を悩ませるものは、なまじ目に見えます。実際にそこにあるように感じます。だからこそ、人はますます「幻想(エゴ)」の中に追いやられるのです。

たとえば、「同僚のせいで悩んでいる」という場合。同僚は実際にいて、実際に嫌がらせ的な言動をしていて、どう考えても「同僚」が自分を悩ましている・・・

そのように感じます。だからどうしても、「幻想(エゴ)」にハマってしまう・・・

でも、「本当の世界」には「嫌な人間・嫌な同僚」はいません。なぜなら、「本当の世界」は「愛」ですから。

★「愛」と「愛情」は違う★

この場合の「愛」というのは「愛情」という意味ではありません。「愛情」はエゴの世界のものです。愛情は、裏返せば、「憎しみ」に変わります。

なので、そういう意味での「愛」ではなく、ここで言うのは本当の意味での「愛」です。ある意味、科学的な意味での「愛」です。

それは、全てがつながっていて、全てがシンクロしている状態です。

★世界(宇宙)の構造はこうなっている★

ここで、「世界の構造」について説明しますね。

世界は「ひとつ」しかありません。その世界は、階層に分かれています。別のものではなく、あくまで「階層に分かれている」と捉えてください。

例えていうなら、

・日本>関東>東京>新宿区>早稲田鶴巻町

という感じです。これ、全て同じものですよね?同じものの中で、「範囲を限定している」だけです。

いわば、そのような感じだと思ってください。そうした場合、世界は、以下の階層があります。

 

・本当の世界>現象世界(五感で確認できる世界)>言語で確定されている世界>人間社会>エゴの世界

です。

「本当の世界」は、「愛」であり、「ワンネス」です。全てがシンクロしています。ちょうど、この世界をオーケストラだとすると、ひとつひとつの楽器は全て連携している。こんな感じですね。

しかし、「本当の世界」から離れれば離れるほど、この「連携」が見えにくくなります。トランペットの近くに行くと、トランペットだけ独自のメロディを奏でていて、遠くで演奏しているフルートとは全く関係なく思えてくるような、そんな感じです。

そうした場合、多くの人の「世界の見方」は、

「本当の世界」を「現象世界(五感で確認できる世界)」に限定し、さらに「言語」でその意味を限定し、さらにさらに、「人間社会の価値観」で限定していく。こういう見方です。

例えば、「山」を「山」だと思うのは「山」という言葉があるからです。これは言葉で限定された世界です。

そして「タコ」を見て美味しそう、と思うのは、「人間社会の価値観」の世界で限定してできた感覚です。人間社会は地域によって違うので、それぞれの地域で別の世界を見ていることになります。タコは気持ち悪い、という価値観の国もあるわけですから。

こういう風に世界を見てしまうと、それは局所的なイメージですよね。もはやそれは実体(本当の世界)ではありません。

★人は「エゴ」によって妄想の世界を生きている★

で・・・

人はそれをさらに、個人個人の「エゴ」によって「妄想」を膨らまして世界を見ているのです!

イメージ的に言うと「昼ドラ」のような感じです。昼ドラは、登場人物がちょっとした出来事から妄想を膨らまして、それで話が展開していきますよね。

あれは何も、ドラマの中だけの話ではなく、実際の僕たちもそのようにして「個人の妄想(エゴ)」で生きているのです。

つまり・・・

みんな「本当の世界(愛・ワンネス・すべて)」からかなり離れた「妄想(エゴ)の世界」を見ている状態なのです。

★「自分はひとりぼっち」という妄想★

そしてその妄想とは、

・自分はひとりぼっち

という「妄想」です。私は世界から離れている。仲間外れにされている。そういう「妄想」ですね。だから人はついつい、

・世間で認められている資格
・世間体の良いこと

などを得ることによって、世界の仲間に入って安心したい、と思ってしまうんです。

でも皮肉なことに、そうすることによって、ますます「ひとりぼっち」の感覚は促進されてしまいます。なぜならそれは、

・自分を信頼せずに、世間で認められている資格の方を信頼する

ことを強化することになりますから。自分を信頼するということは、世界を信頼するということです。なぜなら、「自分=世界」ですから。つまり、「ワンネス」ですから。

その自分を信頼せず、エゴで作り上げた「妄想」の方を信頼してそれ(世間体)を追うということは、ますます自分は「ひとりぼっち」になることを意味します。

★「ひとりぼっち」にならずに済む方法★

では、どうすれば「ひとりぼっち」にならずに済むのでしょうか。いよいよここからが「自分を無条件で好きになる方法」の骨子となる部分です。

それは、

・いま、この瞬間、無条件で自分を信頼すること

です。う~ん。なんだか意味がわからなくなってきましたか?

では・・・

ここで冒頭に戻ってみましょう。それは、

・人は幻想(エゴ)を生きている。本当の世界は「愛」「ワンネス」であり、ひとつである。

という事実でしたね。「ひとつ」ということは、もともと「自分は世界と離れてなんかいない」ということであり、「ひとりぼっちではない」ということです。もっと言えば、「愛に包まれている」ということです。

だからこそ・・・

わざわざ「世間で認められる資格」を取る必要なんかないし、世間体を気にすることもないんです。

自分を信頼して、いますぐ自分を無条件で承認すれば、自動的に「本当の世界(ワンネス・愛)」を感じることができる。だから、安心して生きることができるんです。

★誤解するかもしれないので、一応・・・★

ここで、もしかしたら、誤解する人がいるかもしれません。「世間で認められるのは、良くないことなんだ」と。

でも、もちろん、それは文字どおり、誤解ですよ。世間で認められてもいいし、むしろ、それは普通に考えて嬉しいことですよね。ただ、「順番」は大事です。つまり・・・

「世間で認められる」にしても、自分を好きになって、自分の思うように生きたら、「結果的に」世間で認められている資格を得ることができた、という「順番」ならいいんです。

でも、「世間体」が第一優先になって、「世間体ばかり追う生き方」をすると本末転倒です。それだと、ますます「ひとりぼっち」感を強くしますからね。

★「自分の好きなように生きる」純度を高める★

ここで問題になってくるのが、

・自分の好きなように生きる、その「純度」

です。つまり、「自分の好きなように生きる」と言っても、人はすでにエゴにどっぷり浸かっているため、実はそれは「本当の意味で好きなように生きているわけではない」ことが多いんです。

例えるなら・・・

選挙で「自分が選んで」投票したとしても、実はそれは事前に政党の広告などで「洗脳された状態」で投票した場合がほとんどです。これは、本当に自分が好きな政治家を投票したとは言えないですよね。それと同じです。

人は、「自分を生きている」と言いながら、実は全然、自分を生きていないんです。実際は「本当の世界から離れたもの」に洗脳され、それをエゴで膨らまして生きています。

それはどうしたって、「本当の自分を生きている」とは言えないんです。

「本当の自分を生きる」とは「ワンネス(愛)を生きる」ということです。インド哲学で言うところの

・梵我一如(宇宙と自分は一緒)

という感覚で生きる、ということです。で、この感覚から遠ければ遠いほど、自分を生きることができません。

その場合は、「自分を生きている」と思っていても、実は自分を生きていないから、「不自然な結果」ばかり受け取ることになります。つまり、あまり幸せではない状況に陥ることになるんですね。

★「世間体を重視する」に戻らないこと★

で・・・

上記のようなメカニズムがあるため、人は、「自分を生きると幸せではなくなる」と思っています。だから、「本当の自分」よりも「世間体」を重視する、という方向についつい、行ってしまうんです。

でも・・・

これをやっちゃうとまさに「元の木阿弥」です。

せっかく、思い切って「自分を無条件で信頼」して、「自分の好きなように」生きようとしたのに、怖くなってまた「世間体」を重視してしまうわけですからね。

この生き方を続けてしまうと、永遠に「本当の自分」とつながることはできません。

なので、批判を恐れずに「自分の感覚」を信じて生きてみるんです。そしてそれを、「世界」とつなげる意識を持ってみましょう。

★利他的に生きよう★

そうするには・・・

いわゆる「利他的」に生きてみるのが有効です。利他的になることで、世界と自分がだんだん、つながってきます。そしてやがては、完全に自分と世界が「一体」となるんです。

この段階に来たら、自分の好きなように生きたら、それが即、「本当の自分」を生きていることになります。それは自動的に「ワンネス(愛)」という「本当の世界」を生きていることにもなります。

この生き方をしていると、もう「ひとりぼっち」ではなくなります。だから、わざわざ「世間体」など追う必要もなくなるんですね。

★まとめ★

話をまとめると、自分を無条件で愛するには、

①自分は、本当の世界を生きていない、と知ること
②自分は、エゴの世界を生きている、と知ること
③自分は、エゴの世界を信頼して、「本当の自分」をないがしろにしている、と知ること

上記の「構造」を知ったうえで、

④思い切って、自分を信頼して行動してみること
⑤最初は、その「自分」の純度が低いので、本当の自分とつながらず、失敗する
⑥それでも粘り強く、自分を信頼し続けること
⑦そうすれば、やがて「自分を生きる」純度が高まる
⑧それはすなわち、本当の世界(ワンネス・愛)に包まれることを意味する
⑨だからますます、安心して、何の心配もせずに自分を無条件で承認できるようになる
⑩さらに、「利他的」に生きると、よりワンネスの中に包まれやすくなる

です。伝わりましたでしょうか?

メカニズムを知ったうえで、後は実践あるのみ、ですね。

あなたは、もっともっと幸せになります。それはもう、確定しています。

頑張っていきましょう!

 

*★*――――*★* *★*――――*★**★*――――*★*

°。*☆*☆* °。°。°。+ ° °。°+ ° °。°+ °